無料ブログはココログ

« 大根の花   安西均 | トップページ | 花嫁談義(ちがいますって) »

2009年3月14日 (土)

いんがっと、ようら談義

今朝は夫からいきなりの方言パンチでした。
当方、治療中の歯の詰め物から消毒味が出てきていたのです。。
「いんがぁっと 入れてもらい~」・・
若い人が聞いたらまるで外国語ですよね。 
インガット!・・インゴット!
インゴットが1ポンあれば大金持ち~

八女方言の王道はやっぱ「よ~ら」でしょうか~☆
これは永遠に不滅のような気がします。
娘たちも私も使わない日がありません。
なんにでも使えて便利ですばらしい言葉ですよね~☆
あと好きな方言は「すびく」・・スビィ~ク・・何語♪

城島町(現在は久留米市)に図書館の併設された複合施設があって、そこの愛称が「インガットホール」です。オープンした当時に図書館を見に行きました。「インガットホール」ってどんな意味なんだろうと思っていたら、やはり、その「いんがっと」でした。ちっご弁の「いんがっと」です。直訳すれば「ていねいに」でしょうが、なんかニュアンスが違うでしょ?やっぱし、いんが~っと、ですもんねえ。

うんうん。くるめはほとめきのまちって勝手に名乗りをあげとらっしゃるね。
今日職場では、いつになく高尚な話題がでてきました。英語のナイト騎士やナイフにはKがついてるのに、よまないのはなぜか。とA隊員。ゼットン隊員答えていわく、そりゃあれよ。もともとちゃんと発音してたのが、だんだん落ちてきたんでしょ。シンコペーションだからね。・・なになに。しんこぺーしょんとな。た、たーん、た。くないと。くないふ。なるへそ。ぜっとん隊員、さすがうるとら警備隊出身。

 「よ~ら」というのも「なしけん」同様、旧瀬高町出身で高校2年は森山さんと同級生&10年ぐらい前は塾経営者仲間でもあった広川町「木下塾」の木下というやつがよく使っていた。これと「なしけん」というのは、久留米では使わんから、八女~山門地方の言葉だろうか、あるいはもっと広範囲に使われているのか?そして「ふなやき」というのもこいつから初めて聞いた言葉の1つ、これは八女で使いますか?「いんがっと」?「すびく」?、じぇんじぇん聞いたこんなか。

あそこんだんなさんな、いんがぁーっとしとんなさる。

不祥事が起きて大変な取り込み中にもかかわらず
だんなさんは我関せず・・・と言う風に鷹揚に構えてる・・・・
こんな風に使います。
親切にという意味に使うとは知りませんでした。

ろいりーさん。久留米で「ようら」は使わないんですか?はじめて知りました。じゃあ、南筑後圏内の方言なのかなあ。広川で「なしけん」は微妙です。言うなら「なして?」でしょうか。
「すびく」は「しみる」こと?「冷たいもんが歯にすびく」と使われるのではなかったか。これも広川では馴染みがない気がします。

さくらさん。いんがっとの使い方が違うんですね。この辺では「あんひとはいんがっとしとらっしゃる」というのは「なにをするにもきち~んとしてる」とか「手を抜かずにやる人」とか「仕事がきれいな人」とか、そのような意味合いで使われるようですよ。

ふなやきは知ってました。久留米のときから。
「ようら」はつかうけど、いつからつかっていたかはわからない。いつか甘木の人に「ようら」をつかったら、わからないと言われた事がある。
「いんがっと」は三潴は使わんごたる。

同じ筑後でも、いろいろやね。
前にも書いたけど、父は福井県出身。ばあちゃんから育てられたから福井の言葉を思い出しているんだけど、何も思い出せない。何かあるとおもうんだけど。

すびく>>小学生の冬、道の霜柱や水溜りにできた薄い氷を靴で踏みこわしながら通学しましたね。
あの時手袋の中でも手はかじかんでいて すびい~ていました。
ほんとに、歯に冷たいものがすびくといいますね。
さっき、方言のページを見ていましたら日にちの呼び方のこれはどうも八女方言のようです。
1日・・いちんち  2日・・にんち  5日・・ごんち  6日・・ろくんち  7日・・なぬか又は、しちんち  8日・・はちんち  9日・・くんち
私今でもかなりこのまま使ってる気がします@@byヤメリカ人

エメさん、数の10のことは「とんお」じゃない?

さくらさん、はい^^10はたしかに「とんお」ですね。
普段なにげに使っている言葉を改めて見直してみるとかなりおかしくておもしろい事実があります

すびくもスビィクと書くとまるで外地のことばみたいですね。季語すさまじ「冷まじ」とつながってる。
とんお!
ふろにはいったら、とんおかぞゆるまで浸かっとかやんぞ。
というふうに使っていました。

いんがっとだけはなしけんそげなことばなのかみえない。
in godだったりして。

おはようございます。
in god>>^^私も思いました。 ガットもゴットも神様☆ それにしても不思議な言葉・・・。
他県からの娘婿に「よ~ら」を説明するのはかなり難しいです。
よ~らよかよ よ~らしてから よ~らしとるばってん よ~らやけん よ~らくさ 
・・きりなくありますね。 よ~ら、大好き^^よかごつですけど・・。

泣きわめいて学校や幼稚園に行きたがらなかった子がここにも約2名いるみたいだけど、あれは何だったのか。(必ずクラスに1、2名いたよね)

「子供が泣くこと」について孫が出来てよく観察するようになった。

子供はかなり早くから大人の気持ちから何から全ておみとうし、だけどそれを表現する手段を持たずもどかしさから泣くことで主張しているのだと思う。
子供が泣くという事はすばらしいことだとわかった。
なんでうちの子はこんなに泣くやろかと思わんでよろし。

泣かないで我慢ばかりしていた子は、大人になって主張するのが下手な気がする。

ここの御大お二人さんの主張は、子供の頃からかなりのもんだったと云うこと。

私は4歳の下の妹をつれて学校行って、幼稚園にも私が迎えに行ってた。
その妹が行きたくないと泣きすがる。
3年生の私は妹を自分のクラスの席に座らせて授業を受けていた。
お~かわいい話だ。

エメさんすばらしい!よ~らの羅列。連句できる素質あり。言葉遊びの一面も持っているんですよ、連句は。次回はどうぞおいでくださいませ。

櫻姉御も連句むきです。はるばるおいでください。
さくらさんは姉としてけなげなふるまいをなさっていたのが目にみえるようです。妹って甘えられると思ったら、とことん甘えない?まるで姉は保護者ですよね。

そうだった!
大事な話があったのよ。
マイボスは純久留米人で高良さんの神域に育った由緒正しきお嬢さま。
古風で、とてもしっかりしてる。このひとに筑後の代表的おやつ、ふなやきをきいてみた。知ってた!そしてこういった。「おこのみやきみたいな生地に黒砂糖をくるくるまいたとやろ。あれは利休が伝えたおかしなんだってよ。」
江戸千家を長らくなさってる人がおっしゃると、ほんとに思える。

ばあちゃん達が使っていた漬物のことを「おくもじ」、
これは由緒正しい茶の湯のことばだと知った。

稿: さくら | 2009年3月13日 (金) 21時34分

資料

江戸千家と久留米藩http://www.edosenke.jp/history/index.html

« 大根の花   安西均 | トップページ | 花嫁談義(ちがいますって) »

コメント

な~んしょっと Non shot.
よかろ~もん You cut low, Mam?
いかんたい It can tie.
のうなったとぉ No, not at all.
よーらばいの Your love, I know.
ばってん、いんごっとせやんとよ But then, in god, say young to you.

「34丁目の奇跡」(いくつかあるバージョンのひとつ)で、サンタの存在の傍証にドル紙幣の裏の「IN GOD WE TRUST」の印刷が用いられていました。1ドル札では、ピラミッドの上に光輪を放つ目が浮いています。
いんがっと浮いとらすと。
永遠の神の目を意味し、物質の上に精神を置くものだとのこと。
金貨や銀貨と違い、紙幣は単なる紙切れにすぎず、神の威厳をもって紙を神に通じさせた先人の智恵。
日本最古の紙幣は、伊勢神宮が発行した「山田羽書」。守武のちょっと後の時代。確か伊勢神宮は経済危機だったはず。自分でお金を印刷して脱したのか・・・
単なる紙切れが、伊勢神宮の威厳によって神に通じた。
   ↓

おお
やっとそこへ帰っておいでだね
かささぎは今さんばばと山本の未納美嚢美濃みのうれんざんふもとの温泉
朝いちでTジョイにおくりびとみに三ばばを連れていった帰りです
いい映画だった
中で すぃは門だ と言う言葉に出会いました
死は門

「いんがっと」検索ですごい量ヒットするなか、堂々の第一位ですよ、みなさん。笑

おはようございます。
いんがっと、こちらでしたね^^

3分36秒


よまれとった!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いんがっと、ようら談義:

« 大根の花   安西均 | トップページ | 花嫁談義(ちがいますって) »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31