無料ブログはココログ

« じっちゃん | トップページ | 夢のよせ書き »

2009年3月16日 (月)

いんがっと浮いとらすと IN GOD WE TRUST

IN GOD WE TRUST

   竹橋乙四郎

「34丁目の奇跡」(いくつかあるバージョンのひとつ)で、サンタの存在の傍証にドル紙幣の裏の「IN GOD WE TRUST」の印刷が用いられていました。
1ドル札では、ピラミッドの上に光輪を放つ目が浮いています。

いんがっと浮いとらすと。

永遠の神の目を意味し、物質の上に精神を置くものだとのこと。
金貨や銀貨と違い、紙幣は単なる紙切れにすぎず、神の威厳をもって紙を神に通じさせた先人の智恵。
日本最古の紙幣は、伊勢神宮が発行した「山田羽書」。守武のちょっと後の時代。確か伊勢神宮は経済危機だったはず。自分でお金を印刷して脱したのか・・・
単なる紙切れが、伊勢神宮の威厳によって神に通じた。

   ↓

http://www.imes.boj.or.jp/cm/htmls/history_09.htm

かささぎ族の声:

八女方言いんがっと。は、方言「もっとっと」=入念に。に似て、ていねいに、きちんと、というような、すみずみまで気が行きまわっていることをさします。
おつしろうが書いていたように(かいてなかったかも)、かささぎも、方言のいくつかは中世にこの地方にきたばてれんの異国語の転だと思う。「ばってん」=but thenから、「いんがっと」=in godから。てなふうに。あ。でもばてれんは英語はなしたかな。ポルトガル語だった?ありゃ。そこらへんの基本的な押さえがまったくできとらん。

« じっちゃん | トップページ | 夢のよせ書き »

コメント

こんにちは
古代ローマの言語のラテン語が、フランス語・イタリア語・スペイン語・ポルトガル語に変化したようです。
フランス語以外はなんとなく似ていますよね。
ヤメリカン気質はラテン系だと思う時があります、、自分を含めて(^^ゞ、、
数年前「サルサダンス」の一日講座に行ったら、ご近所婦人とバッタリでした・・・でも動きがむずかしくてとてもついていけませんでした(^_^;)

こんばんは。
やめりかんはらてん系でありますか。
そうかもしれない。うじうじするのはきらいだし、弱みがあったらそれをぱあっと開放して自虐の笑いにかえたい。単細胞なんですよね。しんから怒ってたり悲しかったりしても、それを極めると一転して「ぬける」。ひきずらない。
単細胞ってことは、ある意味、すごく薄情なことだなと反省することがあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いんがっと浮いとらすと IN GOD WE TRUST:

« じっちゃん | トップページ | 夢のよせ書き »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31