無料ブログはココログ

« 箒木のホーキ | トップページ | 高木門  乙四郎文書 »

2009年3月 2日 (月)

芹摘み

芹摘み

« 箒木のホーキ | トップページ | 高木門  乙四郎文書 »

コメント

芹かぁ。春だねえ。
数年前まで、土筆と芹の自生地をひそかに見つけてて、毎年、摘みにいったものですが、ほじょう整備で水路が消えて、芹の自生地がなくなってしまいました。ふきみそ、ふきのとうのてんぷら、そして、芹の白和え。これらはこの時期にしかいただけない、わたしにとって何より春を感じる食べ物です。

芹ごはん・・おいしいでしょうね~。
この茎の短い自生してるやつがおいしいんですよね~

はあそうなのですねえ。
ここは熊本のあいら(相良)観音様の用地。
らんちゃんが「あ、せりがある!」と摘んでいるところです。
芹も、蓬さえもが貴重なものになりつつあります。
ちかくではビニール袋いっぱいに土筆をつんだシュフも見かけました。
せりごはん。たべたことないなあ。
クレソンより繊細ですね。

らんちゃんて、某バンク勤務だった方でしたっけ?

んだ。高給取りでした。つきていかちょう。

いいなぁ、同級生と芹摘み。

20年くらい前は空き地の田んぼにびっしりと這うように茂っていたけど、いつのまにか無くなってしまいましたね(・・なぜ?・・)
風味がとてもよくて、香りも強かったです。
炊き込んだ筍ごはんに、さっと湯通しして刻んだ芹を混ぜ合わせたり、、白米に出し昆布、塩、みりんで炊いたごはんに同じく湯通しして刻んだ芹と炒りゴマを混ぜたシンプルな芹ごはんもおいしいです。
芹はたくさん摘まれましたか?(この時、細く刻んだ黄色いたくあんをいれるのも乙味)
自然の芹は最近はなかなか手に入らないので、さっと茹でて冷凍しとくのも「手」ですよ(^_-)-☆

ここへ東京からアクセス。
こないだ行った時、もうここはこうじゃなくなっていた。湿地ではなかった。セリはなくなってしまったはずです。
先日、黒木駅前広場で日曜に開かれる産直市場で、セリを買いました。さっと茹でていただきましたが、おいしかったですよ。

見えてました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芹摘み:

« 箒木のホーキ | トップページ | 高木門  乙四郎文書 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31