無料ブログはココログ

« 風媒花2  足立 攝 | トップページ | 福富健男句集『異郷』評  高岡修 »

2009年2月23日 (月)

給料明細、手書き!

毎月の交通誘導隊員さんたちの給料計算。
人数が増えてきて、たいへん。
100名近くの給与明細を毎月ひとりで手で書いてる。

計算機で計算し、明細書を書く。

多分旧石器時代のやり方。
パソコンは導入されている、三台も。
んが、なぜか手の方が早い。
信じられないけど、こういう世界が現にある。

ではきみに給料計算のやりかたをせつめいしよう。
まず、編成表と個人の出勤表とをにらみ合わせる。
ここに現物の写真をいれたいところだ。

編成表とは毎日どの現場に誰が何時から何時までどの車両でまたは自転車で徒歩で出動したかの記録ね。
出勤表とは隊員別の一目で見晴らせる一ヶ月の出勤表。でづら表ともいう。
毎日克明に記録してゆくものなんだ。
だから朝一番にするのは黒板の編成をそのまま編成表に書き写すって仕事。

翌日になると、予定の時間と実際の警備時間とのずれもわかる。
警備報告書が警備先の監督のサインをもらって帰ってくるから。

毎日どこへ誰が何時から何時まで出、残業がどのくらいあったか。
事務の仕事にとってこのチェックが、最も大事な作業。
多忙な今みなとてもきついので、交代していても伝票に記載されてなかったりする。
それをなくすのがチェックということになります。

ダブルチェックトリプルチェックをします。
わたしが見てセイネンがみて。ボスもみる。
この三つの眼で確認後ようやく計算に入ります。

一人の明細書かくのに、昼勤の一日がいくら、半日がいくら、夜勤の一日がいくら、半日がいくら。あと、上番後中止がいくら、、、、隊員の二級手当て。日曜手当て。・・ってふうに、びっしり書き込まないといけないんです。残業も一人一人異なっているし、間違えないようにやるのがたいへん、やはりまちがう。気付いたときは、翌月清算します。
こういうこともありました。
ちゃんと自分でメモしてる隊員さんなら間違いありませんが、繁忙期はみなそんな悠長なことやってられない。
こないだ、半年前の編成表と受託表と報告書の三点セットを確認する作業中、ある隊員と別の隊員を取り違えていることが判明。では今月の給料で調整しようとして、さらにまた同じ隊員の組み合わせで別の月、その真逆の取り違えが判明。だから調整しなくてもよくなった。わがミスながら見事だなあとかんしんした。

単純な仕事、しかし奥が深い。
味わい深い職場である。
いろんなことを隊員さんたちから日々教わる。

« 風媒花2  足立 攝 | トップページ | 福富健男句集『異郷』評  高岡修 »

コメント

右田ひろき車に跳ねられ死亡

↑このコメントが気になってしょうがない。
どなたのことなのでしょうか?

さて。
給料計算、それも、一律ではないものを100人分を事務屋が手作業で行う。想像を絶する煩雑さであろうと思います。同時に集中しないとやれない。
まだ、肩書きも何もなかったころ、図書館、資料館の臨時職員や発掘現場、復元作業などの職員さんの、24,5人の賃金計算をしていました。やっぱり手作業で。時給も勤務形態も違うから手作業が早かった。たった24,5人ですら、月初めはきりきりしてた。

はあ。かささぎどん、お疲れさまです。
そして、あなたの事務能力の高さを改めて感じております。

うわ。参ったなあ。
昼休み携帯端末でこのブログをのぞいたら、知らない方の死亡通知。気になって早く帰って確認したかった。でもわからないんですね。交通誘導の責任だったのかしら。とも考えながら帰ってきました。
繁忙期には確かに事故がふえます。しかし、それは隊員さんが事故に遭われるって意味です。二年この仕事をしていますが、何度もそのような事例を見てきました。とても危険な仕事なんです。我が身を犠牲にしないとできない。
わたしは、ほんというと、こんな自分の仕事のたいへんさとかじゃなく、いかに彼らが大変な責任ある仕事をしているかってことと、その割りにおどろくくらい低賃金であることについての怒りを書きたかったんだ。なぜ社会保険がつけられないのか。病気をしても自費です。怪我をしても休業補償もありません。
非常に厳しい。
もうすぐ入札が始まりますが、毎年この入札のおかげでどんどん安くなるんです。いまからゆううつです。

それと。どなたか存じ上げませんが、かささぎの旗に来てくださった霊のかた。ご冥福をお祈り申し上げます。月並みな言葉でございますが。

先日、久留米でものすごい事故があったんです。
二つに車体が折れて、中の若者が燃えてしまった。
助けて助けてという声が聞こえたらしい。でもどうすることもできなかったって。うちのせんさんが近くの人に話を聞きにいって、生々しい話を聞かせてくれました。なんともいえない。くるめとやめとみやまの23歳の若者だったらしいですね。
ご冥福をお祈り申し上げます。

うちのとうちゃんも給料計算係を20数年やっとります。この仕事は俺しかできんと言って、月初めはきりきりしております。この時ばかりは「おっ、やってるな」と思うんですが、あとはなにをしているんだか。私にも息子にも話した事はない。男ってこういうもんかいな。

お仕事お疲れさまです☆
かささぎさんの会社は20〆ですか。
給料計算は大変でしょう。。 娘も以前やっていたので聞かされていました。
今日1日で無事に終わりましたか?
てきぱき仕事を捌かれるのでしょうね。
隊員さん、上司さん、みなさんからとても頼りにされてらっしゃることでしょう~(^_-)-☆明日も気をつけて

ぼんさんえめさん。ありがとう。
ボスは一つ下なのよね。なのにずっと年上に思える。毎日こき使われているからだけども、彼女は昔の修身の先生みたいなとこがあってね。古風を絵にかいたみたいな。おんなはばかになれ。というのが信条。(かささぎは反貞女大学出身)。請求書は二十日締めと二十五日締めと月末〆と五日締めと何種類もありますが、丘陵は月末〆です。前月分の出来高払い。隊員さんはね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 給料明細、手書き!:

« 風媒花2  足立 攝 | トップページ | 福富健男句集『異郷』評  高岡修 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31