無料ブログはココログ

« 橋爪章、その2 | トップページ | 警備士のいる風景3 »

2009年2月20日 (金)

むすめの誕生日

むすめの勤務している博多の中くらい大きな病院の経営がずっと思わしくなく、とうとう熊本の病院の傘下に入った、という。
その熊本の病院を経営しているのはどこかと調べてみたら、消費者心理と女性心理をたくみに衝いてくるテレビCMで有名な、熊本のさる化粧品会社であった。
そこまで手をのばしていたとは・・・。しかし、おかげで安定してきたらしい。

むすめは病院給食を作る仕事をしている。
正月にも帰らなかった。
一人が病欠していたので、その分も働いていたとのこと。
わがむすめながら、よく働く。
振り返れば、不登校でとても心配した時期が小学六年生から中学にかけて一年半ほどあった。弟が生れて間もないころである。一人、博多から八女のおばちゃんち(いま、わたしとむすこたちがいる、ここ)へ帰り、博多の家族とは別々の暮らしをした。
黒木の山へ竹を伐りにいくのに付いて行ったり、それを細かく切り出す作業をしていた姿を今も思い出す。いちごを作っていたじいばあの農業のてつだいをしているうちに、だんだんときもちがいえて、やがてまったくだいじょうぶになっていった。高校は農業高校へ行った。女だけのクラスで、コミケに熱中していた。
料理専門学校へ通った二年間をふくめ、高校時代からバイトをして自分のお小遣いを得ていた。とてもきつかっただろう。
子育てに追われ、そんなむすめの苦労を見てみないふりをした。
それしかなかったからだが、それでよかったと今思う。

きょう、27歳。
おめでとう。
17歳の子にくどかれたよ。年寄りなのにね。と笑ってる。
朗報をきくのは、さて、いつのことだろう。

« 橋爪章、その2 | トップページ | 警備士のいる風景3 »

コメント

強固はん。
おじょうの誕生日おめでとう。
さすがに母の子、身を惜しまない働き方をしてるね。ひとごとながら、それをたのもしく、うれしく思う。強さも弱さも身に沁みている子は、もう、負けないんだよ。

ずっと前に、「神隠し」の話を聞いたね。不登校のことも、聞かせてくれた。あのころがあるから、いまがある。月並みな言葉だけど、わたしじしんが長男を見ててそう思うから、しんから、このことばに共感する。「いま」に到達するための、避けられない、「あのころ」だったんだよ、きっと。あなたのむすめも、うちのむすこも。

連句的に、ではないが。うちの天然ボケの次女も今日がたんじょうび。25歳の。長女の娘、つまり、まごも今日がたんじょうび。7歳の。

みなさんおめでとう。
もしかしたら、東妙寺らんさんも?私の記憶が正しければ。最近かなり怪しくなってきてるけど。
私の周りには2月23日生まれが数人いる。野口五郎を筆頭に。関係ないけど。皇太子様のお誕生日でもあるので、思い出さない年はない。

娘さんは誕生日おめでとうございます。
27歳ですか~☆ 
過ぎてしまうと若さと今からの未来がうらやましいです。
恋、仕事、おしゃれ、、たくさん楽しんでくださいね^^☆

え?ちょっと待ってよ。
seikoさんとこのお嬢さんとお孫さんと、強固さんの娘さんが同じ誕生日ってこと?

それ強固さんが良く使う強力な連句的っていうんじゃないの?

最近物欲がまったく無いんだけど、これっていいことじゃなくて年取ったということだと思ってる。
物欲があるって事は若いってことだと思ってる。
27歳は一番物欲があったころだなぁと振り返ってます。
ようは、地道な仕事をしっかりやるってことがどんなに大切ですばらしいことか・・・。
娘さんの誕生日おめでとう!

せいこどん。ありがと。どうも他人とはおもえなくなってきた。むすめさんやおまごむすめによろしくね。
ぼん、そうそう。らんちゃんとおんなじ日。高宮の田中恵(従姉、いつつ上)が二月二十五日、とばたの姑も同日。佐賀の離島、馬渡島出身のともだちが二月二十九日うまれで四年に一回しか誕生日がこないので、ずいぶん若かった・・
エメさん。
27、なにしてらっしゃいましたか。
わたしはむすめがうまれてた。
さくらさん。物欲はむかしからさほどないけど、本や音楽や映画をみたい欲はうんとある。それとこころの通うともだちがいてほしい欲も。これが連句欲に繋がっているんですねきっと。

こんばんわ
私にも娘がいます。
二人の娘はそれぞれ母親になりそれぞれの努力で幸せのかたちを作っています。
やさしく見守りたいと思います^^☆
27歳の頃ですか~。 かなり頑張ってました(^_-)-☆

今日は、むすめの誕生日。
昭和56年生。

あら、乙さんにも、娘さんがいらっしゃったのですか。おめでとうございます。27歳か。ってことは、かささぎどんのおじょうと同い年ですね。あらら、こりゃまた。

きょうは、短歌仲間のてぃーさんの誕生日でもある。54歳の。そ、同い年、わたしたちと。

おつしろう。おめでとう。ったって、むすめさん。
うちのむすめより一つ上なのですね。じゃ28。
その年には自分はなにをしていただろう。
はかたとやめをあかんぼつれていったりきたりしよった。ほぼ二週間に一回。いまおもえば、夫が切れて怒り出さなかったのがふしぎなくらいです。

せいこさん。てぃーさんって長崎のヴァイオリンの上手なお友達ですか。同級だったのね。道理で。
いつか連句会にもきてほしいですね。
エメさんもご近所のかたみたいですし、さそってみようかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: むすめの誕生日:

« 橋爪章、その2 | トップページ | 警備士のいる風景3 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31