無料ブログはココログ

« 川柳誌  2008年点鐘雑唱   | トップページ | 無線機を届けに »

2009年2月27日 (金)

今からでも間に合う。大学とすいぜんじ海苔。

こないだ息子が新聞をみながらこんなことをボソッとつぶやいた。

「あー保健医療経営大学がのっとらん!!」

「今からでも間に合う大学一覧」の中に入ってなかったらしい。
なんでじゃろう。ひどいね。いくら「下流大学」でも、そんな継子いじめはひどかね。
こないだの報道のしかたといい、この仕打ちといい、なんでじゃろう。
大学の背後にある政治家がついてると思われているからだろか。
かささぎも最初そう思っていたから人のことはいえないが。

子は、去年の今頃、ばたばたとここの受験を決めた。
のほほんとして、核がさだまっていなかった。
中流大学の環境学科に入って二年目。突然やめるという。
ここらのことばでいうところの「ふーたぬるい」生活を中断し、半年派遣社員として岐阜へも行き、世の厳しさを知ったばかりのころ。
なにか芸ができねば世の中は渡れぬことを身をもって知り、岐阜から戻ってきた。
一年たち、やはりここ有明の下流大学に入学してよかった、と子を見ていて、思う。
本人が落ち着いた。
大学について何一つ知らず親のカンだけで受験させたけど、本当に良かったと思う。
生き方の問題。これからの世の中を渡る学問だと思う。
だから、なにか応援の文章を書いてあげたいけれど、悲しいかな、おばさんは書き方がわからないのよね。
親御さんや先生がたで、こどもや生徒の進路について、とくに就職難の今、迷われていらっしゃるのであれば、考えて見られたらいかがでしょう。
その際、大学へ請求なさるものは、「保健医療経営大学紀要」がよろしいかと存じます。

ところで関係ないけど、昨日から今朝の西日本新聞一面に大きく水前寺海苔の件が出ていた。
どこか黄金川あたりを開発する?のに伴い、絶滅のおそれがある。
そこで開発をやめる。とか、そういうことなのかな。(ちらっとしかみてない)

書いたことがあったから気になって。↓

http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_ad72.html

検索したら、http://100.yahoo.co.jp/detail/%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%8E%E3%83%AA/

これ。なにか腑に落ちなくない?

芭蕉の連句にすでに出ている。すいぜんじ。という名前で。
なのに、それ以降の食用決定では、はなしがおかしかろうもん。
って風に、情報は錯綜する。

膨大な情報の中から、何が真実で何が誤りであるのかを判断するのは至難のわざ。
だが、縁があれば、真実への道は常に用意されている。

« 川柳誌  2008年点鐘雑唱   | トップページ | 無線機を届けに »

コメント

保健医療経営大学。
本日、合格発表。合格者数の少なさがいくつかの新聞でニュースになりました。
それを尻目に、本日、季節外れのオープンキャンパス(?)が開催されました。
久留米のN高校の2年生31名による大学体験学習。大学の全学生数より多い!
(学長挨拶の要旨)
大学とは、大きな学校ではない(それなら本学は大学ではない!)。大きく学ぶところ。
マンモス大学は大学の全貌がつかみにくいが、本学は大学の基本機能がコンパクトにまとまっているので、初めての大学体験として本学を選んでもらってよかった。
大学は、教科書に書いてあることを教えるところではなく、教科書にこれから書くことを研究する、または新しい教科書(学問)を開発・発展させるところ。
本日の模擬授業では、高校の授業との違いを体験してほしい。

このあと、経済学講師による模擬授業(参加型の経済実験)を実施しました。
経済学的にものを考えることの意味が高校生に伝わったと思います。

Web上の合格発表を見て、「下流大学」著者から心配の電話をいただいた。さっそくご自身のブログに応援メッセージを書いてくださいました。ありがたいことです。
   ↓

おつしろう学長。
よかったですね。みんなから心配してもらって。
かささぎはあんまり心配してない。
なるようになるじゃろ。
でもそれじゃあんまりだから、ひとこと。
保健医療経営大学に、神のご加護のあらんことを。
おつしろう。
連句って情報学なんだなあと、今日、この、かささぎの書いた一文をよんで、そう感じた。連句ってのは、情報のかたまりだし、深層意識と表層意識とのせめぎあいだし、仲間内のこころ、はらのうちというやつね、これをさぐるには一番の文芸だと思う。計り知れない。
芭蕉の連句にあった、すいぜんじ一語でそう思った。あの貞享の時代から確立していたブランド名だったのかもね。笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今からでも間に合う。大学とすいぜんじ海苔。:

« 川柳誌  2008年点鐘雑唱   | トップページ | 無線機を届けに »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31