無料ブログはココログ

« 杉山洋先生に又叱られる。 | トップページ | 前田圭衛子の薔薇 »

2009年2月17日 (火)

波郷の薔薇

あえかなる薔薇撰りをれば春の雷  波郷

昨夜、連句的に出てきたこの一句。

えりおればのえるという字を、選とかいていた。
朝、確認。(この字でしたので訂正しました。)

思春期のなやましさ、なまめかしさが匂うような句。
あえか。なる。えり。おれ。はる。らい。
このゆたかな母音とラ行音のなか、「ばら」が燦然と輝く。
ばらとぼいん群、らぎょう音を束ねる「ば」の一音。
わずか十七音のシンフォニー。
目に見え、耳で聞き、鼻で嗅ぐことができる、一瞬の無意識が統べるしんふぉにー。


« 杉山洋先生に又叱られる。 | トップページ | 前田圭衛子の薔薇 »

コメント

かささぎさん
石田波郷の句、かささぎさんの解説を読んでみるとああこうゆうことなのかと解り、とてもいい句なのですね。
波郷は私の住んでる町で過ごされた時期があったらしくて、文化センターにコーナーが設けられています。こんど、のぞいてみます。ほんとに何にも知らないで、この句をみなかったら行かないで終わってしまったでしょう。

ようこさん、ありがとうございます。
じつは、私も今朝これを打ち込みながら、波郷の人生をささっと横切りまして、明治大学文芸科に横光利一の講義めあてで入学したこと、松山の実家は農家だったこと、上京してからはお医者さまの俳人水原秋櫻子の経済的庇護のもと、馬酔木の編集事務を手伝ってたことなどを知りました。わたしが知ってるのは、石橋秀野という山本健吉の最初の妻だった俳人の所属した「鶴」(昭和12年創刊)って俳句結社時代だけでした。
数年前、深大寺まで行きながら、波郷のお墓へ行きそびれたことは、とても残念でした。
年末に、山田みづえ解説の波郷句集を入手しました。秀野を調べていた時、一度はざざっと目を通していたのです。しかし、俳句全集に載っているものには、背景の説明とか一切ありませんし、ルビもありません。当然ながら。
それが、山田みづえ編では付されている。いくつか自分がこころのなかでこうよむと思っていたのと、ちがう読みをする句がありました。それ、みづえ氏に尋ねてみたい気がします。以前の私なら、ずけずけと聞くのでしょうが、もうそこまで若くはありません。だんだんこういうふうになっていくのでしょうね。さみしいような、あんしんなような。

こんな句が生涯にひとつでも授かれば

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 波郷の薔薇:

« 杉山洋先生に又叱られる。 | トップページ | 前田圭衛子の薔薇 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31