無料ブログはココログ

« 武田晴信「倭漢聯句」のこと 2   村松定史 | トップページ | 昔ばなし  木附大子 »

2009年2月12日 (木)

made in china

made in china

近所の安売り洋服やさん○○○○で1280円のオフタートルネックのモールセーター。
ぶかっと着ます。軽くて暖かいので気に入りました。
低賃金労働者としてはもうデパートでは服は買えない。
意識を変えたら安いのは全く気にならなくなった。
むしろありがたい世の中になったなあとうれしくなる。

ところが、手洗いしてたのに糸のほつれが出てついひっぱると、袖口から身頃まであっというまにぴーっとほどけてしまいました。あらららら:::。
ひさびさに「中国製の悲哀」を感じた一瞬でした。
母に修理を依頼。
母は昔の女ですから、洋裁も和裁も私よりは上手です。
毛糸が黄色しかなかったといって、黄色のチェーンステッチでつなげてくれましたがおもてが裏編みになってかなりへん。でも、それさえやさしくてあったかい。

(娘からも糾弾される色気のない窮屈な性格をなんとかしようと、ピンク色に挑戦中。
ふしぎなことに、桃色の服を着たりしますと、それだけでほんわかと優しい気持ちになれる。赤ではだめです、絶対ピンクね。嘘だと思うなら、みなさまもどうぞ。試してみてください。)

年の暮にさくらさんの書いてらしたことにそそのかされて、オードリー・ヘプバーンの映画を立て続けに数本みたのですが、そのいずれかに、本屋の店員からモデルになる娘さんのがあった。冒頭のシーンで、全員服をピンク色に揃えているところがあります。とてもきれいだった。なんの映画だったっけ。フレッド・アステアが出るミュージカル。かな。ハンフリーぼかーとおじんがでるのかな。どっちだ。ごっちゃになってる。にたりよったり。でしたなあ。三本みたら飽きたけん。

ところでここから地域学。町内にあった電器やさんが遠くへ移ってしまった。
とても不便。だけど跡地にできるのは、ユニクロだと信じて待っていた。
ところがぎっちょんちょん。またまたホームセンターやん。
がっくし。
ホームセンターだらけ。あそこもここも半径五十メートル以内に三つも。
なんでじゃろ。
八女にはドラッグストアとホームセンターばかりだ。

« 武田晴信「倭漢聯句」のこと 2   村松定史 | トップページ | 昔ばなし  木附大子 »

コメント

こんにちは
世の中まだまだ中国製ばっかりですね~。
数年前、贈り物用に「NEWYORKER」のYシャツを買いに行ったとき、中国製だったので驚いたことがあります@@(今はわかんないですけど・・)
セーター>>春らしいきれいな色ですね。 ちょこっと見えてる指もしなやかでとってもきれい~~

こんにちは
セーター>>春らしいきれいな色ですね。 ちょこっと見えてる指もしなやかでとってもきれい~~

ほんと。かささぎどんの指の美しいこと。しなやかで、たおやかで。わたしのあらくれた指とは大違いですね。ただでさえ荒れ性だったのに、最近、草引きじゃ、春耕じゃと、土ばかり扱っているので、ますます、荒れて荒れて。すっかり、ばあちゃんみたいな手になってしまいました。手は大事。今日から少しいたわってあげることにします。

赤ちゃんの手みたいに綺麗ですね。
美しいものを見せていただきました。

あ、しまむらってあの激安の?
家の近くにもあって、ただでくれるといってもいらんと言う服ばかりだと思ってたけど、正月にしまむらで買ったというダウンコートを娘が着てきて、あら、いいじゃないという事になり目を変えてこのごろ見に行ってます。
どうでもいいけど、しまむらの社長の家って言うのが娘の家のご近所なの。

昨日、車で九重経由で大分へ出張しました。
到着したらこんなニュースやってた。
指の写真で思い出した。

動画あり。
   ↓

エメラルドさん蟻が十。
そのなんとかいうブランドは有名なんでしょう。そういうのもなんでも中国でできているのですね。りっぱなもんですね。
今日、関係ないのですが、職場の面接に中国人の男性がみえました。以前中国人の女性がみえたとき同様、残念ながらお断りしていました。なぜか。中国人を警備員として雇い入れるのは難しいのですって。書類もめんどうだし、いろいろと。ブラジル人とペルー人なら警備員として雇えるらしいのですが。なんででしょうね。とてもまじめそうなしずかな人でしたので、気の毒でした。

さくらさん。おかねもらっても着たくない。きゃはは。ほんとに以前はそう思っていました私も。
いつだったかなあ。五年前くらい。東北に一人旅したとき、あったんです、しまむらが。あれーどこにもあるんだなあっておもって。どこにもおなじ店がある。でも社長さんちはさくらさんちのご近所にしかないんですね。

おつしろう。
そのニュースの表現はへんだね。
足の一部といいながら、右足の指先から十センチ。しかも鋭い刃物で切られたものでない。
どうもぴんときません。
絵をかいてくれたら一目瞭然なのにとおもいました。
だれもみたくないし、そうぞうもしたくないのかも。
あしたは13日の金曜日だ・・・うわあこええ

大分で見た時のニュースでは、割とリアルな絵が出ていました。
上の貼り付け映像も、貼り付けた時点では漫画チックな絵が出てたのだが、ひそかに絵のない映像に置き換わっています。

でんきやさん、ぐっでいに様変わりするみたいですね。先日、3号線を走ったときに見覚えのある看板が出てました。
安売りのセーター。
無職無収入のわたくしも、デパートではよう買いません。が、しまむらでも買ったことがありません。なぜなら、ユニクロ崇拝者だからです。普段着は娘のおさがりで間に合い、ちょっと着はユニクロで済ませます。もちろん、これらも「めいどいんちゃいな」でしょうが、けっこう丈夫で、洗濯にも充分耐えうるから驚きです。

足(あっし)には かかわりのない ことながら
春一番の はや吹き飛ばす  (乙)


木枯らしに震えていた日々はついこないだのこと。
今年は例年になく早い春一番だそうです。
軽自動車は吹き飛ばされそう。

来月の 今日も13日の 金曜日 (乙)

せいこ。
しまむらよりゆにくろのほうが高いね。なぜか八女にないゆにくろ。上津は遠いし、かささぎはしまむらのでいい。ちーぷはちーぷで充分。うわきする、ちーぷ、だまくらかす、ちーと、おちゃらけちーとにちーぷはいらんかえ。は。なんばいいよっとって。げひん寸止め発電所のれんしゅうもんだいでした。

おつしろう。
来月も十三日のジェイソン日って。めずらしいなあ。
今日現場立ちの隊員さんはさむかったみたいです。風のなかにふんばってたってるのは。
読んでるブログにアッシーという人がでてきました。
おお!とおもって、名前貼付。↓

ふとおもった。
おつしろうがつけてくれたニュースのことだけど。
連句的におもうのは、去年見に行った(くろーずぜろじゃなく)クライマーズハイ。あの映画にはスプラッタ的なものは何一つ出てこなかった。意識的に削除されていた。
一箇所でもいい、わずか千分の一秒でもいいから、したいの一部を出していたら、リアルさがまったくちがっていたろうとおもうのだ。こころにうける衝撃度の度合いが。何にひるんだのか配慮したのか。その衝撃で気がふれて自殺してしまう記者役の俳優の熱演がむなしいものになってしまったのは、そのことによる気がする。こどものころみた被爆者写真集の衝撃が今なお鮮明なのは、そのせいだし、一見は百聞にしかず、じゃなかったひゃくぶんはいっけんにしかずっていうものね。げんだいはそれをゆるさないのですねえ。

ぼんびーな時期が長く続いた我が家。住ローンも終わり、子供たちも卒業し、やっと普通にお金が使えるようになりましたが、私自身がお金を使うのがもったいなくなって、使えなくなっていました。近所のスーパーに衣料品のBクラス品が入ってきます。見た目ではどこが悪いのかぜんぜんわからない。だから合うものがあれば買います。¥695なり。スカート、パンツ、セーターいろいろです。2シーズンは着れます。友人のT女も同類で、彼女は東京にも着ていったんだと。曰く、「値段を言わないならわからんやろうが。」ごもっともです。でも、出さねばならない時はちゃんと出して買っています。

こんばんわ
ファツションは値段を言わなければあまりわかりませんね♪
我が家は昔から「しまむら」でけっこう済ませてきました。
で、家族内では「アムラー」ならぬ「シマラー」って言葉を作って楽しんでました(^^ゞ
最近はフリマとかでものを少し片付け傾向です。
本、服、道具、食器、、使うものや着るものは結局同じものを使いまわしているものですから・・(^_^;)
しかし、なかなか「捨てる」ってことは難しいものです。。

おやはなんでもいいけど、下のむすこがおしゃれで自分で服もかってくるタイプでした。無関心な兄とまったくちがう。
毎シーズン服を買いに天神までとか出かけていた、友達と。でもそれができなくなったので、どうなるかなあと思って見守っていたところ、なんでもきてる。兄のもね。にいちゃんはなんもいわん。今が大事な踏ん張り時だと思う。ときどき古着屋さんでも服を買ってるみたい。
服は服。着る人の中身が大事。
ぼん。はじめに質素な暮らしをしていたら、あとどんな苦労が待ち受けていても大丈夫だよね。でもその逆はきつい。

エメラルドさん。魔法の杖があったら、ここのがらくたをひとふりでぜんぶ消してほしい。ひゃくねんのがらくた。すごかです。わたしもそのうちにふくまれてたりして。笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: made in china:

« 武田晴信「倭漢聯句」のこと 2   村松定史 | トップページ | 昔ばなし  木附大子 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31