無料ブログはココログ

« 初ラッシュ | トップページ | 春秋を分けるもの  乙四郎語録33 »

2009年1月 7日 (水)

三潴と水沼 

八山呆夢のレポート

   ブログ「糸の夢」より

弓頭神社

本社は水沼別(みぬまわけ)の始祖、国乳別(くにちわけ)皇子を主祭神とする。成務天皇紀は「昔、国造(くにのみやっこ)を封せられる時は必ず楯矛を賜ひて其表(そのしるし)とす」とあり、第十二代景行天皇の皇子国乳別皇子が「古式に則り、弓箭(や)楯矛を賜りて、下向し給ひ、高三潴の地に御在所を定め給ひて、久しく筑紫地方を治め給へり」に由来するものと思われる。

この高三潴は、水沼君累代の政治の地であり古代行政文化の中心として繁栄した処である。

古代説に「神功皇后征韓の砌(みぎり)、弓大将なるが故に、弓頭大明神と称え奉られる由」と云い伝えられたとの説もある。

国乳別皇子の御墓は鳥帽子塚(弓頭神社御廟塚とも云う)と称し、本社西北三町(約三百メートル)許り(ばかり)の処にある。

明治六年六月、郷社に定められる。なお、神社が所蔵する銅剣、石包丁、石戈(せっか)、耳環は町の文化財に指定されている。

塚崎貝塚、高良御廟塚

三潴町指定史跡(高三潴字塚崎西畑)

この塚は『寛延記』には「高良明神御廟開基年号知らず」とあるが、出土品などから弥生時代と推定される。城内約七五七平方メートルの国有地内にある直径約二十メートル、高さ約二メートルの円墳で、墳頂に一株の松を植えている。

江戸時代頃、周囲は玉垣をめぐらせていたという。封土(盛土)中には、多数の牡蠣殻や貝殻類が含まれている。

この地は古くから高良玉垂命の塋(墓)域と言って、付近一帯は小高くなっており、弥生式土器の破片が散在し、土中から石斧、石鏃(せきぞく)、石戈(せっか)銅剣などが発見されている。なおこの銅剣について「高三潴村の百姓善兵衛が久留米藩の命により塚を発掘して、石棺より二口の銅剣を発見した」と伝えられている。

付近の住民の話によれば、昭和二十年頃までは、貝殻に覆われていて塚全体が白く見え、黒曜石の鏃や土器、石器、貝殻がいたるところに落ちていて気軽に拾えたそうである。そのうち、心ない愛好家が次々と持ち去り、塚全体が黒ずんでしまった。雨などによる風化も進み、塚表土の流出を防ぐため、上から土をかぶせて塚の保存を図っている。

平成十一年三月三潴町教育委員会

八山呆夢 「糸の夢」ぶろぐ紹介:

http://houyume1150-4.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-3435.html

追伸:

鬼夜案内:1月7日(きょうのよるだ!)

久留米観光コンベンション案内:
http://www.kttnet.co.jp/kurume-convention/category/00107.htm

行けないあなたに写真集:http://wadaphoto.jp/maturi/oniyo.htm
             (音楽つきです、身構えてからクリックしてね)

« 初ラッシュ | トップページ | 春秋を分けるもの  乙四郎語録33 »

コメント

図書館で『三潴町史』なるものをひもといてきた。
三潴  美奴萬または水間(みぬま)
弥生文化の中、後期からの歴史有り。
出土品の中には「高三潴式」とよばれる短い頸のある壷があり、弥生後期に属する。

県主=国造の称号  姓(かばね)
例  臣  連   史   稲置   村主
   おみ むらじ ふびと いなき すぐり

読んでみればなかなか面白い事がかいてある。厚さ5cmぐらいある大きなものです。

皆には興味ないことよね。おじゃましました。

ぼん
ごめんね
まだなにもコメントしてなくて ってか何もできないんだけどね
これからだ!この硬いこちこちの石頭の文章をかみくだいて
きなこもちくらいのやわらかさにせないかん
「成務天皇」「仲哀天皇」「応神天皇」・・・こういう天皇のおなまえは、字をみただけでイメージがわくねえ。どの時代の人かまではさっぱりわからないけど。
とりあえず、この文章でわかったこと。
こうらぐうのたまたれさんのお墓がここ。ってことみたいね。方角は?どうなるのかな。こうらさんからみてどっちになるのかなあ。頭の中で考えると、こうらさんは鷹三潴の鬼門、うしとら?

だいち、はかって漢字が、「塋」!すごくね。これみただけでほたるみたいに発光してくるよ。
こないだ引いてきた高良さんはひみこの墓かという論文にあった墓の字もみたことないふるうい字だった。

ぼんちゃん、今日ここへどなたか尋ねてみえています。
水沼君、での検索です。

水沼君検索の三位です。
一位はこれ。↓おもしろいですねえ。

こんばんわ
先週日曜日に釈迦岳に行きました(車)
隣山は御前岳。 ここの山頂に景行天皇ご遺跡の石碑があるとか。 当時ここに登られたのでしょうかね?☆?
それにしても九州を記録されながら行脚された景行天皇は健脚だったのでしょうね。今生まれ変わってあるならやっぱりトレッキングの達人かも。

水沼の君

6位。
2位ブログ☟

7位のここ、おもしろいです。

検索サイト Yahoo  検索ワード 三潴町 塚崎貝塚

3位だよん。

るなさんのここ、お読み下さい👇

まちがえました
ここ、どす👇

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/26884268

この記事へのトラックバック一覧です: 三潴と水沼 :

« 初ラッシュ | トップページ | 春秋を分けるもの  乙四郎語録33 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30