無料ブログはココログ

« 連歌師3・宗長  鶴崎裕雄 | トップページ | 連歌師4・宗牧   鶴崎裕雄 »

2009年1月28日 (水)

竹橋乙四郎と橋爪章のあいだ 2   

橋爪章の仕事が紹介されています。

http://mytown.asahi.com/nagasaki/news.php?k_id=43000000901270003

いずれ消えてしまう記事です。

写真みてたらおかあさんそっくりなのですね。
お父上に似てると思っていたので、あれっと思いました。

橋爪章は小学校の同窓生、それ以外に接点はありません。
公立中学一年のとき事情があって熊本の仏教系私立中に転校していった彼は、それきりわたしたちの視界から消えました。成人式にも、来てなかったと思います。

で、ふたたび目の前にあらわれたのは、同窓会。

記事:http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_c941.html

文章でならなんでもへいきで聞けてしまうかささぎは、この友達を質問攻めにしてその後の消息を知りました。

東大に受かったのに気象大学を選んだ。
それなのに、その気象大学を中退してる。

おやの視点で考えると相当な辛抱を要したろう。

ものを書く人としての竹橋乙四郎。

これは運命でありましょう。
ちょうどのときにかささぎの旗が目に入った。
旗を振っていたのはかささぎであり、その背後のなにかですが、彼にはそれが見えたのです。八女戦国百首和歌をまだ世に出していないと思うかささぎは、それにのってくれた竹橋乙四郎に大きな希望を感じます。

いぜん戦国百首は与えられたしごととして目の前にあります。
ひとりではとけません。
みなさまのご協力をお仰ぎたてまつる次第です。

« 連歌師3・宗長  鶴崎裕雄 | トップページ | 連歌師4・宗牧   鶴崎裕雄 »

コメント

会計簿記の講座が終了しました。とても勉強になったし、新鮮だったし、思い切って受けて良かった。可愛い素敵な先生でしたよ。
学長さんのお部屋にあいさつに寄ったら、残念ながらお留守でしたが、なるほどお忙しいご様子。
ますますのご発展を。
また何か聴講させてもらうかも。2年間はまだ女学生ですから。おほほ。

たからさんおはよう!
今起きた。わはは。
ちこくだ!!ずっとあまりねてなかったのだ。
時間がなくなった。ちゃんとまたかきます。そんじゃいってきます、女学生さん!!

今朝は起きたのが八時二十分だった。
うわこらいかん。とあわてて用意して、化粧もせずダッシュででかけた。九時前六分くらいに着いた。セーフ。
まじめにお勉強できてよかったね。
英語、先生がこんど英語俳句しましょうか。とおっしゃってます。いろいろと歌を教えてもらいました。毎回一曲。ところで、いま、だれをというだれの目的格も、主格とおなじwhoでいいみたい。whomじゃなくても。

響子はん、昨日の並べ替えの分、ぜんぜんわかってないので、いつか、答えだけでも教えて。皆さんできがいいので、聞くに聞けなかった。
乙様、たいへんだね。下流大学で人気が出たのに・・・学生さん増えるといいね。

ぼん。
英語の授業の冒頭で、佐藤教授が今回の件をおっしゃらなかったとしたら、なにも知らないでニュース記事だけを読み、不審の念を抱いただろう。あの書き方はそれほどほんとうにひどい。
でも、佐藤先生がちゃんと説明してくださって、こともなげにこれを奇禍としてますます職員一同一丸となってがんばるとおっしゃったから、なにも心配ないんだとおもいました。息子もそういってた。

うん。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 竹橋乙四郎と橋爪章のあいだ 2   :

« 連歌師3・宗長  鶴崎裕雄 | トップページ | 連歌師4・宗牧   鶴崎裕雄 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31