無料ブログはココログ

« 連歌師5・紹巴  鶴崎裕雄 | トップページ | 団塊の世代と  久留米の記憶 »

2009年1月29日 (木)

おつしろうのピンチ

「保健医療経営大学にペナルティ」。

テレビニュースは残念ながら見ませんでした。
でも今朝の新聞にのっていたのは。
こういう性質の違う違反を二件いっしょくたにして論じる書き方はとても印象が悪い。
幹部ぐるみの悪事って書いてあったけど、それは言い過ぎだ。
そういう性質の違反ではない。
単にそうしなければ開学に間に合わなかったってことなんだ。
かささぎはそういうふうにみています。
詳細なウラを知りませんが、そのようなことで他の悪質な学校同様のペナルティを課すのは、風評被害のダメージを伴う手厳しい制裁だと感じます。なぜこの時期にそういうことをするのでしょうか。
もっとも、生徒も先生方も、まったく気にしている風ではありませんが。

連句的にかいてしまおう。今しかないからね。
かささぎの夫は去年道路交通法違反で捕まった。
最近、何気なく立ち寄ったあるサイトで、さも極悪人みたいな書き方をされているのを偶然読み、なんともいえないきもちになりました。去年の新聞記事(かささぎは知らなかった、報道されていたことを)から実名を拾ってです。一滴も酒を飲めないのに、飲酒運転で捕まったかのような書き方でした。無責任な。
そうじゃないんだ!!とかささぎは声をあげたかった。
うちのおとうちゃんの免許の点数がなくなったのは小さな違反をこつこつとつみあげた結果なんだぞ。ばーろー。免許がなくなったのはそんだけ一所懸命会社のために家族のために営業をやっていたからなんだ。くるめとやめの山の中を一日何往復していたか知りもしないで。なにも知らんで人をわるくいうな!なにも罪をおかしてないとはいわないけども、でも、事故をおこしたわけじゃない。一旦停止義務違反とか信号が黄色で発進したとか小さな違反のたびに高い反則切符の罰金払ってきたんだし、もう、免許もなくなった今、鞭打つのはやめて。日本の警察は金儲け至上主義で血も涙もないのか。もうじゅうぶんな制裁を受けてる。仕事も失ったし、家族も失いかけた。もうこれ以上、ささいなことで悪くいうのはやめて。

ああ気分がわるくなった。
はなしをころっと連句的にとばします。

おなじ思いの人、みつけた。

この人。やった!わが同士よ。ううう・・

ttp://d.hatena.ne.jp/jun-jun1965/20080920

アストロリコの『スム』の五番目に入っている、『天使のミロンガ』は涙がでるくらいいい。
聞いてみてください。ぜひ。(ソルーナ音楽事務所)

「すむ」は「zum」と書きます。これ、何語でしょうね?

▼本文記事に付け足しておきます。みんなの声。

会計簿記の講座が終了しました。とても勉強になったし、新鮮だったし、思い切って受けて良かった。可愛い素敵な先生でしたよ。
学長さんのお部屋にあいさつに寄ったら、残念ながらお留守でしたが、なるほどお忙しいご様子。
ますますのご発展を。
また何か聴講させてもらうかも。2年間はまだ女学生ですから。おほほ。

(まりさんは俳号を澄たからといいます。亡き母上も俳人、ご主人の母上は歌人であられます、今年の博報堂日記帳に一首が採られてるほどの。上記コメントは、保健医療経営大学の経済学講座を受講された感想。ーかささぎの脚注)

今朝は起きたのが八時二十分だった。
うわこらいかん。とあわてて用意して、化粧もせずダッシュででかけた。九時前六分くらいに着いた。セーフ。
たからさん。まじめにお勉強できてよかったね。
英語、先生がこんど英語俳句しましょうか。とおっしゃってます。いろいろと歌を教えてもらいました。毎回一曲。ところで、いま、だれをというだれの目的格も、主格とおなじwhoでいいみたい。whomじゃなくても。

響子はん、昨日の並べ替えの分、ぜんぜんわかってないので、いつか、答えだけでも教えて。皆さんできがいいので、聞くに聞けなかった。
乙様、たいへんだね。下流大学で人気が出たのに・・・学生さん増えるといいね。

ぼん。
英語の授業の冒頭で、佐藤教授が今回の件をおっしゃらなかったとしたら、なにも知らないでニュース記事だけを読み、不審の念を抱いただろう。あの書き方はそれほどほんとうにひどい。
でも、佐藤先生がちゃんと説明してくださって、こともなげにこれを奇禍としてますます職員一同一丸となってがんばるとおっしゃったから、なにも心配ないんだとおもいました。息子もそういってた。

« 連歌師5・紹巴  鶴崎裕雄 | トップページ | 団塊の世代と  久留米の記憶 »

コメント

学長、がんばる。
   ↓

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おつしろうのピンチ:

« 連歌師5・紹巴  鶴崎裕雄 | トップページ | 団塊の世代と  久留米の記憶 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31