無料ブログはココログ

« 乙四郎語録 6 | トップページ | 黒字倒産って知ってる? »

2008年12月 2日 (火)

どうだんつつじ 山中渓谷もみじ谷

どうだんつつじ 山中渓谷もみじ谷

« 乙四郎語録 6 | トップページ | 黒字倒産って知ってる? »

コメント

は~がっくし。
もすこしきれいな赤が撮れていたはずだった。
携帯のなかのほうがまだきれいだった。

どうだんつつじの赤も綺麗ですが、私はこの写真のいいところは、曲がりくねった道の向こうはどうなっているんだろうと想像力をかきたてる構図であることがいいと思います。少しぬれていて冷たいピンとした空気も伝わってくるし。
写真は、写っていないところを、見る人に想像させるような写真がいいとされています。
大皿に盛った料理も必ず半分だけ切り取ってあります。後半分は想像させるためだそうです。
又、人の気配が感じられる写真にしなければならないそうです。
たとえば、お菓子の写真はお菓子の粒々がぱらっとこぼれて、人が食べてる臨場感を出す、など。
受け売りだけど、そこまで考えて撮ってるのか?と以外でしょ。

今 雨が降ってますが
この日も曇ってました

俳句も同じですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうだんつつじ 山中渓谷もみじ谷:

« 乙四郎語録 6 | トップページ | 黒字倒産って知ってる? »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31