無料ブログはココログ

« 大根の月 | トップページ | 乙四郎語録 官僚番外編2 »

2008年12月10日 (水)

交渉術

さて、交渉術。苦手な人が多いのが日本人です。

かささぎも例外ではありません。

ところが!

隊員さんで、こんな超ド級の小心者のかたにであいました。

その人は、おなじ世代、ひとりもの。
とても無口で、とても優しい。
人につくす奉仕型。
たとえば、かわいそうな○○さんにかばんを買って上げたりする。
じぶんも安い給料で働いているのに。返さない人にお金を貸す。
この人、自家用車で毎日遠方に仕事に行くのに、まだ一回もガソリン代を会社に請求できないのです。
いいえ、ちゃんとメーター表は提出されています。
けれど、わが社の場合、ガソリンチケットをボスに切ってもらわないと、スタンドで給油できない仕組み。だからどうしても、ボスにそれをお願いしなければ、いつまでもガソリンは給油できないわけ。

それができないのですよねえ、この控えめすぎるお方は。
わかるようなわからないような。毎月二万円も自腹。
彼はガソリン券を下さいとどうしていえないんだろうね?

みてたら、だんだん可哀想を通り越して、腹が立ってきます。
いいかげんにおしよ。いいたいことはちゃんといいいなよ。
必要なものは必要と言えないで、人を恨みに思っちゃいけない。

かささぎは部下の子ができた時点で、社長にいいました。
これからは、この子もわたしも、交通費をください。と。

じぶんがいわなきゃ、この子はかわいそうだとおもった。

それで晴れてようやく、ガソリンチケットを切ってもらえる身分になりました。
二年もかかった。
もっと早くいえばよかったのかな。

« 大根の月 | トップページ | 乙四郎語録 官僚番外編2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 交渉術:

« 大根の月 | トップページ | 乙四郎語録 官僚番外編2 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31