無料ブログはココログ

« 『夏日侍』の時代背景 乙四郎語録14 | トップページ | あやべのぼたもち »

2008年12月11日 (木)

かまどじんじゃ

かまど神社。ってなんだ?
おくどさん。
正月にさ。くどがみさんをまつる、もちばまるめた。
こうじんさんちもいいよった。
くどのかたち U ←このかたち。
おとうととまるめるのだけど、かどかどのところがしわしわになった。
なつかしいなあ。
あさからこげんしみじみしとる場合じゃないったい。

竈神社:http://www.dazaifutenmangu.or.jp/kamado/index.htm

ばどさんブログで、かまど神社:http://622.7.dtiblog.com/blog-entry-193.html#comment-top

« 『夏日侍』の時代背景 乙四郎語録14 | トップページ | あやべのぼたもち »

コメント

こうじんさんに備えるおもち。
そのUのカタチの備え餅。
わが家は今でもつくりまっせ。

29日に餅はつくもんじゃなか。30日につかやん。
両親がいまだにそういうので、
家族全員でずっと搗いてきました。
もちろん。機械でですが。
ここ数年は両親とわたしたちと4人で。

昨年は帰省した娘一家が喜色満面で手伝ってくれたっけ。粘土遊び感覚でね。できあがりはいうまでもなく、しわしわひょごひょご。ハートのカタチまであって、そりゃあ悲惨やった。

せいこさんところのほうが、寺田村よりもっとずっと土着性、慣習をまもっていると感じます。
うちはちちとははのふたりでさいきんはついていますよ。まるめるの、わたししか手伝わない。そのうち、買ってきた真空パックのもちになるんだろう。

で、こちらへおみえです
ありがとう!
お陰で、気付く、ここは遣唐使が渡航前に必ず参拝したところだったのでは
そんなら、是善社の神になったあの人も

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かまどじんじゃ:

« 『夏日侍』の時代背景 乙四郎語録14 | トップページ | あやべのぼたもち »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31