無料ブログはココログ

« はやぶさ | トップページ | 嵐竹の庚申恋歌  乙四郎語録28 »

2008年12月27日 (土)

田北鑑富   乙四郎語録27 

八女戦国百首和歌「夏日待」をよむ

      竹橋乙四郎

▼  田北鑑富(たぎたあきとみ)物語

天文24年の時点では仲良く歌を詠みあっていた橋爪鑑実と田北鑑富であったが、四半世紀後に鑑富は鑑実の軍に討伐されることになる。
その物語。
鑑富は大友家奉行人の子。
のち鑑重(あきしげ)と改名し、入道して紹鉄(じょうてつ)となる。

天文19年 申次職として義鎮の側近。
天文24年 八女百首

弘治2年(1556) 小原鑑元の謀反鎮定のため出陣。
永禄5年(1562) 対毛利戦。戸次鑑連の指揮下で門司城を攻める。
永禄8年 豊前長野筑後守討伐。三ヶ岳城破却。
永禄12年 毛利軍の豊前進出に備え、宗麟は鑑富(紹鉄)を田川郡に駐屯させる。

天正6年 日向土持氏討伐に出陣。日向高城合戦で多くの一族を失う。
天正7年 秋月種実討伐に出陣。夜襲を受けて敗退、中津城 に入る。
天正8年 秋月種実との謀書が発見される。
筑前秋月種実が筑前から大友氏の勢力を駆逐するため、紹鉄に反乱工作を行ったとするもの。
また、紹鉄の宣教師(巡察使バリヤーニ)殺害計画の情報が宗麟に通報され、調査の結果、事実であったことが確かめられた。
陰謀が露見したことを知った紹鉄は大友氏への敵対を明らかにした。
紹鉄は朽網郷松牟礼城を出て熊牟礼城に拠って抵抗。
宗麟・義統は、一万田鑑実らを将とする一万余の討伐軍を出陣させる。
紹鉄勢はわずか百人ばかりの人数であった。
城中で一族から諌言を受け逃走を決意した紹鉄は、逃走径路を朽網郷阿曽野(庄内町)にとる。
ここで激しい追撃戦をかわして日田郡に向かう。
4月13日、 五馬荘を経て松原村(大山町)にさしかかったとき、財津久右衛門の手にかかって最期を遂げた。法名清台院殿手翁紹鉄大居士。
乱後、大友義統は謀叛は紹鉄ひとりの企てであり田北一門の罪は問わないとし、統員に相続させている。
謀書には讒言説がある。讒言のため切腹を命じられ、それが不服で熊牟礼城で挙兵したというもの。
紹鉄は親類等に、両殿様(宗麟、義統)に私曲はないこと、讒者の妨げか、御不満はわからないが切腹を仰せ出されたこと、自分は切腹するが、統員(むねかず)に相続させしてもらいたいことを記した書状を送っている。
紹鉄は讒者が誰であるかは記していない。

歌を詠んでいた頃がいちばん平和だった。

十二  帰鳫(帰雁)  鑑冨
見るうちもたちぬかずとや天津雁
雲間にきえて立かへるらん

とんでも超訳:
社宝として飾って見るだけで抜くことはないとおっしゃってた渡り鳥のような荒木田守武さん。出雲の向こうまで行ってしまわれたのだが、太刀は帰ってくるのだろうか。

かささぎ訳:

見ているうちにも次々と北の空へ旅たって行く雁よ。その夥しいまでの数よ。
数える間もなく雁の列は雲のはたてに消え、あとには呆然と口をあけて見送っているわたくしだけが残る。

かささぎの連句的:

▼ 『ツルはどこからやって来るのか』 
        鴨川誠・著(葦書房刊)より引用

世界にいるツルは19種。
昔、日本に渡ってきていたツルは6種類いた。
いま、わたってくるツルは3種類しかいない。
その3種は、丹頂、真鶴、鍋鶴のみ。
明治以前、たくさん全国へ渡ってきていたこれらのツルは、将軍家が大事にして保護していた。
御鳥見役という役人を置き、餌をやって保護した。
ところが将軍家光以来、正月には鷹狩でツルを捕らえ京都御所へ献上した。
もっともその折でさえ、丹頂鶴は霊鳥としてあがめ、決して捕獲しなかったのである。中略ー
いまはわずかに鹿児島県出水、荒崎一帯に真鶴と鍋鶴を二千羽、山口県熊毛郡にニ、三百羽の鍋鶴、そうして北海道の釧路にニ、三十羽の丹頂を見るだけになってしまった。中略ー
かれらは多くシベリアで繁殖して、十月、あるいは11月になって日本へ渡ってくる。
そして、三月にはまた北へ去るのである。
彼らは、ミミズ、昆虫類、蛙、泥鰌、小魚、まれには蛇、ねずみなども食い、豆類や草の葉、水草などもたべる。(内田清之助『渡り鳥』)

« はやぶさ | トップページ | 嵐竹の庚申恋歌  乙四郎語録28 »

コメント

滞在時間 20分17秒 閲覧ページ数 3ページ 参照元 参照元なし

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/26521758

この記事へのトラックバック一覧です: 田北鑑富   乙四郎語録27 :

« はやぶさ | トップページ | 嵐竹の庚申恋歌  乙四郎語録28 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31