無料ブログはココログ

« 荒木田守武 乙四郎語録24 | トップページ | 張形としての俳句 »

2008年12月23日 (火)

たいめし

たいめし

こつはタイをあらかじめ焼いておくこと。
たきあがったら、ほぐします。
土鍋だと、中火十分、沸騰して五分。
あじつけはふつうのかやくごはんとおなじ。
みどりのみつばときいろの金糸玉子をさいごに散らす。
(先日のエーコープ料理教室での一枚)

« 荒木田守武 乙四郎語録24 | トップページ | 張形としての俳句 »

コメント

おいしそう。
私は明日、お赤飯に挑戦です。

てえへんだぁ!
今朝、配られていたJAやめの月刊紙をぱらっとめくったら、あれ、みたことがあるような顔。
ぬぁ~~んとぬぁんと。たいちゃんにかささぎどんではないか!どこからみても女性らしいたいちゃんはともかく。かささぎどんがすっごく楚々としたムードをただよわせて写っとんしゃる。爆発気味の黒髪はきちっと結び、バンダナで押さえられ、また決して似合うとはいいがたいエプロン姿で、いやあ、見間違えるほどの女性らしさ。結論から言わせてもらえば。エプロンってすごい威力を持ってるわねえ。笑

へえ。しらなかった。
家中だれもきづかなかった。新聞紙に埋もれていたウイング誌を引っ張り出して、あ。ほんとだ。
らんちゃんは、エーコープのレジに貼られていた案内を見て応募、材料費300円だし、ペアご招待ってことでかささぎに声がかかった。落語のときと同じ。教えてくれてありがとう。けっ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たいめし:

« 荒木田守武 乙四郎語録24 | トップページ | 張形としての俳句 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29