無料ブログはココログ

« もち吉 | トップページ | 田北鑑富   乙四郎語録27  »

2008年12月27日 (土)

はやぶさ

とつぜん、おもいだしました。
JAに小学校の同級生が勤めていて、その人を仮に北さんとする。
その人の長男とうちの次男は同級生でした。
かささぎは、その子の五年生のときの俳句を忘れない。
こんな句です。

はやぶさが北の空へと飛んでゆく 大樹

なぜ忘れられないのか。
まず、季語のはやぶさ。http://f4.aaa.livedoor.jp/~yanbird/b-hyabusa.html

隼は冬の季語です。連句などではよく使われる鷹匠も冬。
それを心の片隅におき又句を眺めますと、北という方角。
北は時空間が一致する陰暦で、根の方角、子(ね)です。
偶然は、とてもすばらしい。
悠々たる隼の飛翔が時の源への飛翔へ転じる瞬間を、この一句に見るかささぎでありました。

これを突然思い出したのは、料理教室で、その友達の近況を聞いたから。
いまはそうぎ場のトップになっておられるらしい。

シンクロのすごさに打たれるのは、翌日の朝訪ねたブログ「き坊の棲みか」。
最初にめくったページで「はやぶさ」に出会った。

「き坊の近況」の2008年1月4日付日記。http://www.ne.jp/asahi/kibono/sumika/kibo/kinkyo.htm#top

▼ 「はやぶさ物語」

すばらしい動画が見れます。
http://spaceinfo.jaxa.jp/hayabusa/movie/story01.html

これは正月にみてください。

« もち吉 | トップページ | 田北鑑富   乙四郎語録27  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はやぶさ:

« もち吉 | トップページ | 田北鑑富   乙四郎語録27  »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31