無料ブログはココログ

« 清水崑 | トップページ | 焼きそばやさん »

2008年11月 3日 (月)

縫いつけに

冬物スタジャンの左胸と上腕に警備のワッペンを縫い付けにゆきます。50着ほど残ってるそうで。これはびみょうにむずかしい。にがてなのだ。ボスはとても早くてうまいけどね。
月末〆の請求書書きもまだ終わってないし。では。

« 清水崑 | トップページ | 焼きそばやさん »

コメント

え~縫いつけ話を一席。
虫垂炎の手術の切腹は、通常は横(ちょっと斜め)にちょこっと切って、隙間から指先の目で覗き込んで、腫れた虫垂をちょんぎって縫い合わせます。これとて高度な技ですが、外科医師にとっては初歩技術。皆さん、お医者様への尊敬をお忘れなきよう。伝統工芸師を尊敬するがごとくに。技術者というものは尊敬されると腕を磨くものです
虫垂が破れてて(腹痛が尋常じゃない)お腹のなかに膿が放出されていそうだったら、腹直筋という縦に走っている筋肉の傍らを縦にちょこっと切ります。ちょこっと、という意味では横に切るのと同じですが、開けてびっくり大変だ、ということになった時に傷をずずいと上下方向へ延長できるのが利点。横切腹でずずいと左右方向へ延長するとたいへんなことになります。江戸時代の切腹のお作法ですので良い子は真似しちゃいけません。帝王切開の時も縦に切ります。
縦切腹で結果として延長せずにすんだのは炎症がたいしたことなかったことの証左なのでよかったよかったですが、このような場合、深部にバイキンが残っていることがよくあります。このバイキンが縫合部位で悪さをして炎症を起こしたら、炎症が沈静するのを待って再縫合せねばなりません。
縫合部位が開く別の原因(一般的手術ではこっちの方が多い)は、傷口の緊張が過ぎて血のめぐりが悪くなっている場合。縦にメスを入れるのか、横に入れるのかは体の部位ごとにノウハウがあり、なるべく緊張が緩くてすむような切り方をします。緊張が緩ければ縫合跡も目立ちません。美容整形の医師の技術など神業です。伝統工芸師です。尊敬しましょう。

あれ、医学が進歩してる。四半世紀の空白は長かった。
確認のためwikipediaで帝王切開を調べたら、横切腹が多くなったとのこと。以下引用。
---------------------
旧来は「縦切開」が多かったが、現在では美容的観点より「横切開」が多くなっている。「横切開」は、皮膚割線に一致していることと、恥骨結合上縁の陰毛の上端辺りを切開するため、手術痕が目立ちにくい点があり、そのためビキニ着用も可能である。縦切開は若干手術操作が簡便であり、緊急帝王切開においては通常縦切開である。

別の意味で縫い付けが得意なぼんです。終わりましたか?わかっていれば、2日も休みがあったから、手伝ってよかったのに。家がちょっと遠いのが難儀やね。家庭科関係だったらいつでもどうぞ。

おつしろう先生の書かれたことをしみじみと読みますと、おいしの腕にはかかわりなく、そういう病気だということがわかりました。ありがとうございました。
お産、三回しましたが、さいごのとき、となりのベッドに帝王切開した産婦さんがいて、それはそれは苦しそうにうめかれてましたので、せっかいはおそろしいものなんだな。とおもいました。

ぼんへ。手伝ってもらうこと、ちらりと考えんでもなかった。でも三潴から合川まででも遠いでしょう。
まだ全部はおわってない、途中で帰ってきた。社長も専務もおねいさんもいわちゃんもつるたさんも六人みーんなで針と糸もってせっせと運針してた。笑
なかなかいい構図でした。
・・と言ってる場合ではなかった。
帰途、高良山の麓でくるまがパンクした。すぐJAFに電話、そしたら夫の名義のままだった、家族だと一万円近くかかるので、会社に電話した。すぐ社長が駆けつけて下さった。有難かった。地獄で仏とおもった。二分で直してもらう。こんご絶対、社長のわるくちだけはいうまい。とけっしんしたのであった。

その縫い付けが不得手なせーこ半です。
でも、パンク修繕は自力でやったことのあるせーこ半です。
かささぎどん。
パンク修繕もできんのかい!
でも、えらそうなことは言えん。
普通車になって、アルミホイルって言うの?
タイヤのカバーについてるあれ。あれのはずし方がわからんけん、今は自力でしきらんかも知れん。

パンク修繕じゃなかった、タイヤの交換ね。
パンク修繕はしたことないわい!でした。

いま、パンクしたタイヤもってスタンドに交換してもらいに行ってきた。おなじサイズのがなくてお取り寄せになるって。リサイクル料じゃの処分料だの高いよね。スペアタイヤでは時速六十キロ以上は出したらいかんのて。
はーどっと疲れた。
せいこはん。じぶんで換えられるなんてそれはえらいね。おらはぼさっと立ってみてるだけ。自分にもできそうと思うけど、ジャッキを差し込む位置がわかりません。どこでもいいのかな。

簡単ですよ。ホイールとタイヤの間にマイナスドライバーの親分みたいなのを差し込んではずすんです。ただ、女の細腕、かたく締められたボルトがはずせない。やっぱJAFだな。

ジャッキはあてがうところが決まっているから、たまに暇な時、車の下を覗いてみるといいよ。すぐわかる。あわてているときは、見えてるものも見えないからね。けんとうをいのる。

ボルトは全体重をかけて
足で少しずつゆるめていくのがコツ。
一気にはやれませんが、
一個ずつ対角線上のボルトを
少しずつ足でゆるめる。
けんとうをいのる。

車 今日 帰りにタイヤ交換してもらいました 待ってる間 ずっと小室てつやのニュース
なんともいえないよね
車の底 暇なとき 見てみます
免許取ったとき 習ったよね
しかし

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 縫いつけに:

« 清水崑 | トップページ | 焼きそばやさん »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31