無料ブログはココログ

« 肥後飢餓講ーいたむから、撃ちに行く | トップページ | dedicated その2、その3 »

2008年11月 4日 (火)

霧の朝

霧の朝

          久留米市東合川

« 肥後飢餓講ーいたむから、撃ちに行く | トップページ | dedicated その2、その3 »

コメント

合川町だと?
同じ時間にほんの数キロ隔てたところを走っていたのね。

私は、西鉄電車の味坂と端間の中間位置の田んぼの中です。

はい。よおくわかります。はたま。特急はとまらない駅。深い深い霧でしたね。一寸先はしろいやみ。

昨日は日帰り上京。
羽田空港が濃霧のため予約便の機体が福岡空港へ到着せず、欠航。振り替え便も管制指示により遅延。結局、福岡空港に5時間も足止め。東京滞在時間はわずか3時間、都心の目的地には30分しか滞在できなかった。

関東の濃霧、影響が大きかったようですね。
ニュースで報道されていましたが、そう、福岡に五時間足止めねえ。新幹線でちょうど到着するくらいに相当するんじゃない?

日帰りで、東京。

ああ、東京に日帰りで見に行くってのもあり、だったか。寺山修二原作の舞台、「血は立ったまま眠っている」の公演、一度観てみたかった。残念なことに、もう、終わりましたけど。

うん、うらやますぃ~
おらはここにいきたい。
さっぱりわかんなくても都へいく口実としてここにいきたかとです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霧の朝:

» 霧の朝 [デジカメ日記]
久しぶりの九州です。自然の変化の激しさを改めて体験しました。朝8時頃、田んぼの中の一本道を自転車飛ばしていたところ深い霧に見舞われ、一面モノトーンの世界へ。5,6メートル先が見えず、田んぼの中の集落を目指していたけれど何も見えない、雲海の中を漂ってる感じ。怖かった!! 上の写真は、土手の上を自転車通学の高校生が一人かすかに見えます。一人ボッチの世界でこれがすごくうれしかった。朝露もすごい、土砂降りの雨の後のようにずぶ濡れの野菜が畑できらきら光ってる。これが九州の野菜の美味しい要因だとわかりました。... [続きを読む]

« 肥後飢餓講ーいたむから、撃ちに行く | トップページ | dedicated その2、その3 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31