無料ブログはココログ

« 備中鍬と馬唐黍 | トップページ | 現場 »

2008年11月13日 (木)

現場

現場

浮羽郡吉井町。
みのう連山のふもと(ですよね?)

だれもこないし車も数台しか通らない。
そこでじっと立ってました。
社長が交代にみえるまでの二時間半。
いろいろ考えてることがあほらしくなる上天気。
しかも空気がおいしいんです。八女とも違う澄み切った匂い。
するとなにやら石碑があります。
上ニ葉はその接近写真。よめますでしょうか。
(うきはの地名の由来がかかれてありました。)

« 備中鍬と馬唐黍 | トップページ | 現場 »

コメント

読めましたよ。お天気のいい日でよかったね。
メタボ対策で散歩している時、犬塚地区のお宮の境内を通り抜けました。そこにも由来の書かれた碑があって、読んでみると犬塚城址とありました。こんな田んぼの真ん中になぜお城が?いろいろ書いてありましたがさっぱり覚えてません。三潴は昔から栄えていたようで、歴史苦手な私は読んだときだけわかっていると言うお気楽者です。写メに残した方がいいかな。

えっ読めますか
すごい視力
だけど 浮き が盃 だとして 羽 が余ってないやろか
それに 碑には浮羽島って 島までついてた 訳が解らんよね
下水道工事に伴う通行止めでした

三潴は 折口しのぶの本の 水の女 のところに出てきました
今度写真にとってね

犬塚 と 羽犬塚 は関係ない?
八女市にも 犬のつく地名があったような気がする

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現場:

« 備中鍬と馬唐黍 | トップページ | 現場 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31