無料ブログはココログ

« 窟のお地蔵さん | トップページ | 乙四郎語録 5 »

2008年11月30日 (日)

奥八女山中渓谷その四

奥八女山中渓谷その四

もみじ谷で一際真っ赤だったのは、岩の向うに少し見えてる低木の生垣。
なんだろうと思って調べてみたのですが、これかな。
http://www.jugemusha.com/jumoku-zz-doudantutuji.htm

(春の季節にまた訪ねると分かりますね。)

« 窟のお地蔵さん | トップページ | 乙四郎語録 5 »

コメント

そうですよ。どうだんつつじ、です。
わたしがここに行ったときも、どうだんつつじが鮮やかでした。グリーンピアの宿泊地のまわりにも、これがたくさんありましたね。あざやかな赤が目を引きました。
わが家のどうだんつつじも色づいてますが、さすがにここまで美しくはないのです。やはり、温暖の差があるほうが紅葉はきれいですね。

やっぱりか!教えてくれてありがと。
一番印象に残った景色。は、紅葉ではなくて、坂の曲がり角の右手、グリーンピアの建物が見えてくるところにあった、紫陽花の葉っぱの霜枯れた姿でした。たくさんならんでいて、まるで、秋田蕗がわかめ色してるみたいな。もしくは、ムーミン谷スナフキンの帽子みたいな。なんだろとじっとみていて、わかった。夏には池になるところだし、紫陽花だよ。はっぱが枯れきった姿も風情があって、いいねえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥八女山中渓谷その四:

« 窟のお地蔵さん | トップページ | 乙四郎語録 5 »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31