無料ブログはココログ

« 舐める | トップページ | 保健医療経営大学への道 乙四郎語録1 »

2008年11月16日 (日)

寺田天満宮注連縄作り

寺田天満宮注連縄作り

はや今年も立冬を過ぎ、注連縄つくりの時期を迎えました。
毎年、父が出ていましたが、今年は長男が出てゆきました。
出かける前、不器用な長男に父が「いいか、こうするんだぞ」と、我が家の農作業小屋で藁のすぐりかたを伝授してから、軍手を持たせ、送り出しました。

写真はうちからケイタイの望遠で距離をつづめて撮ったもの。
落ち葉を焼くけむりが写っていますね。

« 舐める | トップページ | 保健医療経営大学への道 乙四郎語録1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寺田天満宮注連縄作り:

« 舐める | トップページ | 保健医療経営大学への道 乙四郎語録1 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31