無料ブログはココログ

« 玄奘幻想 | トップページ | 無常 »

2008年10月23日 (木)

dedicated  その1

きのう、ぎりぎりだった。六時六分ごろに家を出たのに、みやま市の保健医療経営大学に到着したのは、七時前七分ころ。毎回道をまちがえてます。暗いのもあるし、同じ道を忘れるから。

ぼんとおつしろうがまっていてくれた。
なんだか、この二人をみるとそれだけでほっとする。
ようやく、れぎおん秋号を渡した。
連句作品への参加、ありがとうございました。
おかげさまで、りっぱな作品ができあがりました。

さてその大学の公開講座で、月に二回英語を学んでいます。
きのうのさいごの分から、ご紹介。どっか間違ってたらごめん。必ず間違えてるから。

Four score and seven years ago,  our fathers brought forth on this continent , a new nation, concieved in liberty, and dedicated to the proposition that all man are created equal.
 

八十七年前、我らの父祖はこの大陸にもたらしたー自由のうちに孕まされ(佐藤先生のことば)、すべての人は平等に創造されているという命題に捧げられた、新しい国家を。(訳すの難儀)・・・

ここでまず最初の「dedicated」。

単語の整理①

でけいてど=捧げられた。ぷろぽしょん=命題。ーくおお=平等。

正解は、all men are created equal.

今だにわかってない、複数単数。やっぱり間違えてた!(下線部。)

冒頭のスコー(score)に複数のsがつかないのはへんだと思う私がいるし、allやeveryがきたら単数形の名詞がくると記憶してた。でも、すべての人という場合は、複数形のmen。
あれー?ということで、辞書を引いてみれば、all man では、人のすべてというあやしい意味になるみたい。米国では性差別の撤廃からこういう文脈ではmanではなくpersonやhuman などに置き換えられることも多くなっているそうです。

この文章はリンカーンによって1863年に演説された英語。・・・と、ここで私のこころはぐっと言葉に詰まってしまいます。1863年といえば、江戸時代ではありますまいか。文久年間。がーん・・・
われらはこの時代の文章がすらすらと読めるでしょうか。(ぜってえよめない)
戦前の文章すら、ろくすっぽ読めない。それなのに、英語は!
なんでだろう。

« 玄奘幻想 | トップページ | 無常 »

コメント

八女から保健医療経営大学までのおすすめルート
羽犬塚方向へひたすら走り、筑後市に入って八女インター入り口の交差点を左折。あとは、ひたすら太か道(幅広い道)を突き進めばセブンイレブンがある船小屋交差点へ出るので、そこを左折して橋を渡ってみやま市へ入ります。市役所先の金栗信号交差点を右折、高柳信号三叉路を左折。あとは適当に右折左折(信号も目印もないのでこうしか書けない)。
れぎおん秋号、届けていただきありがとう。乙の文章、編集過程で脱行加字が生じたようで、やや読みづらくなってます。捌きの一直は文芸度を高めるためですが、この一直はいただけない。頑張れ、れぎおん編集部!

乙四郎。
そうでしたか。
れぎおん編集部のせいではありません。版下を返してもらったとき、乙四郎に見せてチェックしてもらうべきでした。私はきづけませんでした。忙しかったとか、いいわけにはなりません。本当にごめんなさい。お許しください。
言って下さってありがとう。

Four score and seven years ago, our fathers brought forth on this continent , a new nation, concieved in liberty, and dedicated to the proposition that all man are created equal.

はい?こんなに難易度高いの?
ええっと。読めない単語続出なんですけどぉ。

せいこはん。よめない単語「昏睡ーヴ度」でしょう?「根治念と」はこんちねんたるたんごってのがある、大陸ね。ぶろーと ふぉーす。未来へもたらした。誕生させたと訳す可。

「昏睡ーヴ度」は説明きいてもむずかしい。concieved 、思いつかれた、はらまされた、準備された。
以上。暇ならきれいな日本文にせよ。

Four score and seven years ago, our fathers brought forth on this continent , a new nation, concieved in liberty, and dedicated to the proposition that all man are created equal.

Four score をまず思いだせんかった。4×20年ね。ああ、そういえばそんなのがあったわ。
continentは、 continentalがポピュラーなのでわかった。大陸性とかで使った記憶アリ。
broughtは、bringの過去形、持ってきた、もたらす。へえ、これは完全に忘れてた。というより、記憶なし。bring forthで、提出する。示す。だから「未来へもたらす」ね。ふむ。ふむ。
concieved in liberty 自由のうちに孕まされた。はらむ。宿す。心に抱く。concieved ね。ふーん。
命題ってproposition?申し出。主張。proposeから、想像したから、命題とは思わんやった。
dedicated
奉納する。ささげる。

辞書をひくだけで、疲れた。
まさかここで、英語講座を受講するとは。笑

さすがにみなさん、優秀でいらっしゃる。もとえっさっささん。春から新しい講座がはじまるようですから、いかれたらどうですか?十分いけますよ。

はい。同感です。
英語を学ぶと日本が見える。これがなにより大切。
先生が、古典英語にお詳しいかたなので、じっくり考えさせられます。なにより、月に二回っていうのが、負担がかからないからちょうどいい。
それと、とても安価です。いちまんえんだよ。こんだけのことをおしえてもらって。どこにそんながっこがいまどきあろうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: dedicated  その1:

« 玄奘幻想 | トップページ | 無常 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31