無料ブログはココログ

« 理想と現実と政治と | トップページ | おかえり »

2008年9月 2日 (火)

あーあ。

起動が重くなったパソコンを助けようと、先月ウイルス除去ソフトを入れた。
それまでも入っていたのですが、期限がきれたようでした。
で、劇的に早く立ち上がるようになったかわり、初期化された。

アドレス帳や通信記録が消えた。
消えてもらったら困ります。とほほ。
プロバイダのおねいさんに尋ねました。
昔の設定に戻せば機械の記憶が戻りますか?

もとの状態にしたところで失くした記録は返りません。
それはパソコン内部の記憶装置だから。
・・・と、冷たいお返事。あーあ。

あ。八朔さんの花火、揚がってる。

 間断の音なき空に星花火    夏目雅子

一昨日が〆切の福島高校百周年記念文集の原稿。
ついに一字も書けず。
きのう澄たからさんに息子の簿記のテキスト持って行ったら、ご主人(同級生)はちゃんと書いたんだそうです。ぼんもせいこさんも書いたってとっくの昔に。あーあ。

« 理想と現実と政治と | トップページ | おかえり »

コメント

うん。とっくに書いてだしたよ。
まだ出してなかったとね?
甲四郎センセに顔向けできんよ。笑

書こうと思えば30分でできるはず。
じつはわたしも3,40分で書きあげた代物やんけん。
では、では、ファイト!!でっせ。

え==。まだ受け付けてくれる。
すぐ書いてもってゆきますなんて調子のいいことを申し上げたのだ、高橋先生には。もう三ヶ月も前。

だけどね。一行がとてつもなく長い書式をみてたら、なにもことばが浮かばない。にげてゆく
先生。ごめんなさい。わたしはずっとこんな感じでいきてきました。するといってせず、行くといっていかず。自己嫌悪。あーあ。

かささぎさんに言葉が出てこんて?

そんなばかな。

毎日体中から言葉がふっとでよっじゃなかね。

時間がかかるのは、何を書くかが決まらないから。
たぶん、書きたいことが決まったら
するする言葉がでてくると思うよ。

だあれもわたしたちに名文は期待しとらんっちゃけん。よかごとよかたい。ってな気分で書いてしまいましたが。まずかったかな?

名前入れるとわすれたサクラです。

名無しサン。
>ふっとでよっとじゃなかね。

久しぶりに聞いたこのことば。
ふっとでる。
「ふっと」は「出る」の強調語でしょうね。
よかねえ。ちっごべん。ほれぼれするわ。笑


さくらさんがいちばんっす。くすくす。
ちっご弁「ふっとづる」。
ふと口をつく・・とかいう上品なもんじゃなく、もっと原始的で野蛮なかほりどす。

響子半、長い文章がだめなら、俳句でいかんね。ずらーっと100句ぐらいだしとくと、誰か読んでくれるよ。仲間が増えるかも。長い文章だけだと、紙面に変化がなくてあきるから、俳句でいいと思う。

はい。承知しました。

娘たちの同級生がCDを出したという事なので、買って聞いてみました。演奏は上手なんだと思う。べつに違和感はかんじなかった。問題は歌詞。上滑りする言葉がそこには並んでいた。読んでみて、(この子達は本当の失恋を経験していないなあ)と思った。
若いから当然かもしらんけど、いや、長男坊はもう25歳のはずだ。25にもなって失恋したのにこんな言葉しか出てこない恋なんて、恋多かった叔母さんは嫌だ。もっと悩んで、死にたくなって、それでも明日は来る現実を、貴方の言葉で書いてほしい。くわたさんも、みすちるも、こぶくろも、言葉の持つ力がすごいと思う。だから多くの人から支持されているんだと思う。
ここに書いても、彼らの耳には入らないね。
ごめんね、邪魔したね。

ぼん
時代はかわってもかわっていないようにみえます。わかいひとたちのこころ。どんな悪そうな子も、みなじゅんすいでじゅんけつで。感動する。

ねむいので、今日はもうねます。おやすみなさい。
蜂退治ですが。調べてみたけど、火をつけて燃やすって退治の仕方はみなかった。でもあるでしょうね。「毛虫焼く」も夏の季語。

これ、最近あった京都での火事のことです。住職がはちの巣退治にたいまつで火を近づけたら、蜂が一斉に出てきて、あわててたいまつを落とし、それが燃え広がって、江戸時代からあった寺を焼いてしまったという話。住職さんも顔中やけどをされていて、まるで、すけきよさんみたいでした。

あ そか だからどっかで と感じたんだね 父は昔藁屋根だったころ 蜂の巣に鍋いっぱいのお湯をかけたそうで こえ~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あーあ。:

« 理想と現実と政治と | トップページ | おかえり »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31