無料ブログはココログ

« 一列だけの芋畑 | トップページ | 椎窓猛先生講演会 »

2008年9月15日 (月)

SWEET HOME ALABAMA

「メラニーは行く!」(リース・ウィザースプーン主演)

(SWEET HOME ALABAMA、2002

ニューヨーク市長役で出てくる女優。

どっかで見た。だれだった?

・・・思い出せない。

最後、キャスティング見て、わかった。
キャンディス・バーゲンだ!
うっわー。なつかしい。

なんて元気な映画。
深夜に一人でけたけた笑って見た。こ
とに南北戦争保存会という趣味の会の、むかしの戦闘再現中に娘が割り込み、たくさんの死体役の中に父を探す場面。あれは最高におかしかった。


南部出身のいなか娘と市長の息子ニューヨーカーとの恋。
デザイナーとしてニューヨークで成功した娘には、じつは田舎に夫がいて離婚がまだ成立していない。
夫に離婚を迫るため、アラバマへ久しぶりに帰省した娘は、そこで昔の自分に出会う。
貧乏人とお金持ち。田舎と都会。野暮ったさと洗練。真実と虚飾。
価値観が真っ向から対立する。
同じ女性を別々の角度から愛する男が二人。
うーん。・・・そういう風に作られたドラマと言ってしまえばそうなんだけど。
南部の男のほうがやっぱかっこよかった。
お金や地位や家柄じゃない。縁と愛情。

通勤車内で聞く英語のおかげか、以前よりは台詞が聞き取れた。
ただ、いちいち訳そうと考えるあたまがある。これ、わずらわしい。
そのまま英語で受け取り英語で考えるようになりたい。
一週間に四本くらい洋画を見ようか。一本百円のね。
時に疲れて見ずに返却することもあるだろうけれど。

« 一列だけの芋畑 | トップページ | 椎窓猛先生講演会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SWEET HOME ALABAMA:

« 一列だけの芋畑 | トップページ | 椎窓猛先生講演会 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31