無料ブログはココログ

« 椎窓猛先生講演会 | トップページ | 朝顔 »

2008年9月15日 (月)

見送りし恋

歌仙 『コンビニで』

コンビニで本買はさるる梅雨の底   恭子
  賞味期限の長き紫陽花     兼坊
レンズ越しリボンとりどり巻かれゐて さくら
  明治生まれの祖母を寿ぐ   千晴
良宵の雲流れつき山の里      都 
  循環バスを降りるこほろぎ   宙虫

裏  

ハロウィンの仮装のままに整体師  かぐや
   バカボンママを理想の女と   恭
言の葉のつなぎかたさへまだ知らず ぼん
   仕舞ひ忘れしむらたまの樞(くる) 
 
東京を北京に重ね齢かさね    乙四郎
   汚染されたる雪が降りしく   坊
温室は破裂した月光(かげ)でいつぱい  朝世
   急ぐ余りに靴を片方     ぼん
妻子なきおじさんの買ふメロンパン  晴
      誰にもらひし匂袋よ        さくら
いたづらに移らせまいぞ花の色     乙
   烏が鳴いて帰る出替り       晴

名残表    

春耕の島は真水の音がする  虫
   よかったですね、ところでなにが 整

熱弁の講演終はりぐったりと   兼
     参拝客のつづく杉並  さくら
外宮(とつみや)に
大宜都比売の祀られて  恭
  蜂の巣退治屋根裏を焼く   呆
潮風の波間に浮かぶハンモック   乙
  スプモーニから泡は生まれる  整
緋縅の裏までみせてのぼりつめ  虫
  出撃の朝見送りし恋   さくら

付案
1 出撃の朝 恋六十年
2 戦場の空見送りし恋

さくらさん。

恋を見送る。いい句がでました。
ありがとうございました。

そらん句が中世の武士の恋なら、さくら句は時間をワープ、戦闘機乗りの恋へシフトさせたものです。ことばはあっさりしてますが、おもいはふかい。
1の、恋六十年。恋人や夫が出撃した日の朝のことを、六十年たった今も、そのときとおなじ思いでこころに再現できるというのです。これも思いの深い句です。しかし、句のもつ雰囲気といいますか、立ち姿の美しさで2を。ただ、戦場の空を出撃の朝とかえます。

つぎは千晴さんに頼んでもいいでしょうか。

先週でしたか、朝ごはんをテレビをみながら食べていると、岐阜大垣の水害が映りました。長男が去年いたところで、しきりに懐かしがりました。大丈夫だったでしょうか。

月の句。もう一句恋の句をお願いします。秋の月で恋です。
恋を見送ったあとで、どんな恋句が可能なのでしょう。
前田先生から恋句は三句は続けるように。と助言されました。
続けているつもりでいたのですが、どこかに逃げがあったかもしれない。


« 椎窓猛先生講演会 | トップページ | 朝顔 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見送りし恋:

« 椎窓猛先生講演会 | トップページ | 朝顔 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31