無料ブログはココログ

« 四句目ぶり | トップページ | 良宵の月 »

2008年7月31日 (木)

踊り子

http://jp.youtube.com/watch?v=6PCYHHTOpi4

村下孝蔵 『踊り子』

きのうの朝さくらさんブログをたずね、バレエの写真を見てましたら、唐突にこの歌を思い出しました。夫がギター弾きながらよく歌っていた。

踊り子の體を離るる繻子の汗  恭子

句ができた。物理学者みたいに理屈っぽい句だ。
離るを「かる」とよむ句を一度つくってみたかったのと、ストップモーション風の句をよんでみたかった。サテンの衣装を纏ったダンサーの全身から汗が飛び散るその一瞬。・・

さて、月の句をお願いしますとばくぜんとお願いしましたら、出ませんでしたねえ。こんなとき、どうする。・・・都さんにたのむ。こまったときの沢都。さわ・みやこって宝塚みたいな名前ですが、本名はもっときれいな名前、都紀子です。これ、つきこともよめますからね。(トキコが正解)

今朝は涼しい。昨日は夕立がすごくて雷もおちた。

きのう、少年野球の監督だった石橋まさはっちゃん*の命日。(六回忌)
きょう、貞永まことのめいにち。(七回忌)
一日違いでごっちゃになる。

踊り子が胸にこだまするもうひとつの理由。
貞永明美先生からのお便りのせい。下の娘さんがハーモニーランドでダンサーをなさってると書かれていました。まことさんが生きておれば、どんなに喜んだことか、と。貞永まことは写真師でした。(写真家じゃなく、写真師なんだとご自分で言われていましたっけ。)

こんど、九月二十三日にまこと忌の追善連句会をできればと考えています。みなさまの都合を聞かなければ。なるべく多くのひとたちに出席していただきたいのですが・・・(場所、堺屋、つかえるでしょうか。)

村下孝蔵:「初恋」
http://jp.youtube.com/watch?v=UuMG7NbwmMY&feature=related

« 四句目ぶり | トップページ | 良宵の月 »

コメント

いつごろの歌なの?
聞いたことがなかったし、この歌い手さんんも記憶にない。

強固はんちのだんなはんって、歌が好きなんやね。
っていうか、夫婦仲が悪いのかと思いきや、おっとのこと、ようわかっとるやん。ふううん


あれ。村下こうぞうをしらんかったの。めっちゃ名曲やん。初恋も踊り子も。でも私も歌は知ってても、顔はよくしらなかった。

「初恋」「踊り子」いい曲です。
普遍の名曲だと思うとります。
中学時代陸上競技してたので歌詞がだぶった。

村下孝蔵(熊本出身)、ネクタイ締めたサラリーマンみたいなお兄さんでした。
が、亡くなられました。
ラジオニュース聞いててショックだったから覚えている。

恭子さんちのだんなさん、心が洗われる様なひときわ優しいな曲が好きなんですね。
優しすぎるほど優しいいから、苦しくてぶっきらぼうになるんじゃない?
さだまさしなんかもすきなんじゃない?

さくらさん。はじめて村下孝蔵を調べて、なくなってることを知りました。なぜ知らなかったんだろう。

どこかにゆきたい林檎の花が咲いてる
あたたかなところなら何処へでもゆく

おっとはこどもにはとてもやさしいです。でも、きらいな上司とは口もきかなかった。普通の人にある世間体感覚が一切ないです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 踊り子:

« 四句目ぶり | トップページ | 良宵の月 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31