無料ブログはココログ

« 純恋歌 | トップページ | 八女福島堺屋 »

2008年7月 5日 (土)

八女福島

八女福島
八女福島

二枚とも2007年12月26日17時ごろ撮影
於 八女市本村

« 純恋歌 | トップページ | 八女福島堺屋 »

コメント

連句の集まりはいつですか?
松山櫨蝋燭
http://blog.goo.ne.jp/elster/e/b8f1f13a0ac9ec779577a345b0442ab0#comment-list
を復興させた女性が櫨の灯り展を町家交流館で開くのに、八女に通うのだそうです。
連句に向きそうな感じがします。いや、会ったことないのです。
無責任ね。
もしご縁があれば・・・・
7月19日から23日実演するそうですよ。

7月6日つまり明日です。今からのお誘いじゃ無理ですかね。

へ。いみわかんない。
19日から23日間ってことかな?
それとも19から23まで?
はぜろうそく。はぜろうそく?和ロウソクのことですよね。ん。夏至に乙四郎のコメントでみました。みやま市が世界一の和ロウソクの産地って。あとは愛媛とどこだったかな。松山って愛媛かな。
ふうん。うちの近所の古園井のおっちゃん(故人)もはぜの実とりが仕事だったなあ。遠い眼・・。ろうそくとか線香の工場があったような記憶があります、高島に。(たかしまってのは、広大な納楚の一部、おつさんちがどんどら、漢字でかくと鈍土羅、あいぬ風、で、その手前が高島、その奥が寺田。うちと都さんちとたからさんちは納楚の寺田です)
鍬塚さん、連句会はあしたです。
まこと忌、来年が七回忌と思ってたので、追悼歌仙は八月に集まって巻くか、無理なら、文韻になるとおもいます。からだあいてたら、ぜひともおいでください。あしたはむりですか?
歌人がおみえになるみたいです。うっわーきんちょーる。24句の胡蝶やります。

やまももさん。

腰太く足首太く五月の森  聡子

花椎の盛り上がって盛り上がって、この存在感をなんと表現すべきかと悩んだことがありました。
太さ。この言葉に関連付ける。思いもよらなかった。まさに五月の森はぶっとい。

歌人って誰さ?きんちょーするって。
わてのことでないのは確かだ。
誰がきんちょーするっちゅーねん。
歌人がくるとかいうたら、あんひと、こんばい。笑

竹橋乙四郎は上京中、中山宙虫は「本職の句会」←このいいかた、まじいやみだよね。本職?内職してるのか連句人は。ばーか、ちげえよ。俳諧が本筋で俳句はその一部なんだけどな。そらんくん。ちゃんと認識しとってよ。数式であらわすと、こうなっとです。(はいかい>俳句)
ばどさんはけいりんにとちくるとるけんこん。
あと、丸山しょうきょはん。どっち。
都さんと伽具耶さん。来れたらいいなあ!!たからさんは時々文韻するよって。

しらず夏至にアップした夏至のことを書いてる暦論、乙四郎が和ロウソクについてコメントしてくれた、かささぎをクリックすると出ます。みやま市、愛媛ともうひとつはナガサキでした!
やまももさんがご紹介くださったかたのブログ、暇をみつけて読ませていただきます。道の駅、です?和ロウソクの芯はえーと・・ゐをつかうのですよね。『ゐ』は藺草のゐですから和ロウソクを特産とするには櫨とともに藺もとれないといけない。

明日って、今日!
今日は午後憲法を読みます。

櫨蝋燭の彼女は会期(19~23)中は実演するからずっと滞在で、それまでは週末は八女に通うとブログに書いてありました。てまカフェの昼食が美味しかったって。

芯は正徳芯で、これも実演があるそうです。

seikoさん
ぜひぜひ山桃を食べてやってください。
山桃に砂糖まぶして少しおいて、火にかけます。あれば赤ワインを、なければ少し水を足して煮ます。そのまま食べても実離れが良くて(生も美味しいけれど種がね)贅沢な味と色が味わえます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八女福島:

« 純恋歌 | トップページ | 八女福島堺屋 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31