無料ブログはココログ

« あべしげさんの書評から | トップページ | 八女福島 »

2008年7月 4日 (金)

純恋歌

「湘南乃風」の大ヒット曲です。あっつい、いい歌詞ですねえ。
これを初めて聞いたとき、ほーむめいどかぞくの「流れ星」を連想しました。

ユーチューブからしろうとさんの、いきます。(こういうのだいすきです。雑音生活音まで入ってるけど。)http://jp.youtube.com/watch?v=YP7OsGbh5MA

おおお。みつけました!http://jp.youtube.com/watch?v=PVrz5YeoDeg&feature=related

(不良中年おばばは、あさっぱらからなにやってんだろう。)

だいじなわすれものをしてたことにきづいたから。

ついしん

このふたつの動画のうち、下の、すんげかっこい。スタイルもだけど、その手口が、まっこて俳諧的、連句的。これなら当分きづかれなさげ。

じつはね。上と同じで、ちょっといたずらをして、でもそれで世の中の人がだまされて動いたみたいで、悪かったかな。っていま、ちょっと反省してるところです。

「かれの漫画は霊的示唆にみちており、かささぎと太宰府と大伴家持とはるかむかしの九州王朝説とをなぜか思い起こさせる。 」(『暦論』)  こんなハッタリをついかいてもうた。「七夕の国」は、そういうのじゃないんだよね。よんでみたらわかりますが。・・・なんでかな。潜在的需要に訴えたかったのね、邪馬台国の読者って多いから。・・うそってわかったら、はりたおされるかも。あ。時間ない。ほんじゃ、いってきます。

« あべしげさんの書評から | トップページ | 八女福島 »

コメント

キッチンの隅にラジオを置いていて
家事の合間にラジヲを聞くことの多いわたし。
「純恋歌」は何度も聴きました。「湘南乃風」というチーム名もともに。でも、映像をみたのは初めて。
こんなメンバーだったんだと。

せいこはんおはよ。
ちがうちがう。
ほんとの湘南乃風は、名前にはりつけたんで暇なとき確かめてね。
去年あたりから無料動画ユーチューブをブログに貼り付けてるけど、つぎつぎに著作権法違反で消されてゆきます。これはたたかいですね。
明日、六角堂ひろばにくるのはボーカルのHun-Kun。前売り3500、当日券5000。でも。広場だし、あそこらへんにいきゃ聞えるんとちゃう。大渋滞しないかなって、それが心配。警備の範疇としては、「雑踏警備」に属します。15人でやる。人手予想、2000人以上。・・・無事をいのる。

娘が行っていました。日焼けして、腕が真っ赤です。娘はヒップホップダンスをやっているので、ダンスのチームを見に行ったようです。多かったといってました。

くるめ、あれから私もいきました。
父母が親戚の家にいたんで迎えに行った。
六角堂広場横を車で二周してから。笑
えらくにぎわってた。ぼんのむすめさんもあのなかにいたの。へえ。
ほんとにアツカッタネ!
でも
ごはんたべるのもおしんでみんなでことばさがしするのは、とてもきもちよかった。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 純恋歌:

« あべしげさんの書評から | トップページ | 八女福島 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29