無料ブログはココログ

« 九州俳句の野生 その2 | トップページ | 宮崎 »

2008年6月 3日 (火)

歌仙『筍の』上がりました。

歌仙「筍の」

    首 平成二十年四月一日
         尾   〃    六月一日

筍のひとつ耶蘇墓また一つ    乙四郎
 くるす野淡きかぎろひの中   恭子
ふらここへもつと高くと声かけて 呆 夢
 公園の道車椅子行く      兼坊
濯ぎもの干さるる先の月の舟   整子
 蝉取り網で海を捕らへる     宙虫

ウラ
白い時壊れた扉こぢ開ける   たから
 こちらへどうぞ主待つ椅子 乙四郎
足枷のごときぬかるみなにぬねの 整子
 レスキュー隊員みんなイケメン ぼん
雪鳴らし獣が月を食ひに来る 虫
  天の体と人の体と  恭
活火山怒れ吐き出せ反抗期 たから
  びつくり水をかける頃合  乙
年賀状とつくに松の内過ぎて   坊
  晴れたる空を連凧がゆく  ぼん
花守の役を負はせて石の馬  整
  肥後街道に太る蜂の巣   虫

ナオ
チヌ釣りが中止になつたと留守電に 
           丸山消挙 
  喫茶店名繰り返し聴き  乙
一眸の荒野を隠す君の肩   恭
  優しくもあり激しくもあり bud
ゆらゆらと音なく影なくカンナ燃ゆ ぼん

    リストの譜面めくる夕凪  虫 
まほろばは楽天的に陽がのぼる 整
  禁煙ガムがやまんないです 恭
香を残す無口な父の文机  たから 
  龍卵震え孵化も間近か  乙
月明かり電気灯らぬ避難所に 坊
    生者のこゑは野分のやうで 整

ナウ
ハンケチで林檎を磨く家系なり 宙虫
 新酒出揃ひ満ちるぐいのみ  ぼん
亀助け見返りなんぞ当てにせず 乙  
 あれやこれやと忘れるも良し たから 
天に向く花の哀れを言ひし人  挙 
 団子やありて雁帰るとか   坊

« 九州俳句の野生 その2 | トップページ | 宮崎 »

コメント

おめでとうございます。2ヶ月しかかかってなかったんですね。その間に仕事を変わったり青森に行ったりして、いろんなことがあったから長い時間がたっていたように思いました。
 日曜休みはこちらから提案しなければならないので、場所と日時を決めてもらったほうが私としては都合がいいです。そこんとこ、よろしく!

満尾、おめでとうございます。
きっちり、2ヶ月ですか。
文音よりずっと早いね。

今日は朝から久留米医大病院に実家の母を連れて診察にいったら、
まあ、患者さんの多いこと多いこと。
初診だったからかも知れないけど、時間がかかって、実家に母を送り届けたのは、なんと午後3時でした。
はあ、疲れたわあ。

みなしゃん。ありがとう。よかたよかた。
ぶじまきおわって。きもちよかた。みんなで旅をしてた。そんなきぶんだよね。
あのさ。やっぱれんくてりくつじゃなかよね。どうしなこうしなってけちばっかつけてわるかったよ。けっきょくやっきょく、あれだよなあれ。あれってあれ。愛だよ。
きのうえんたいでかりてた「えりざべすたうん」て映画みた。根性でみた。きつかったんですが。あれはいい映画だったなあ。

いまから、おやがどんどんよわるんだな。とふとそうおもった。がばげんきやけどもさ。せいこ、がんばって。
あたしはきづいたことがあって、せわやきゃよわる。てこと。じぶんもよわるしおやもよわる。だけんしたいことをする。あっちもそうどす。

>あたしはきづいたことがあって、せわやきゃよわる。

ひめどん。それ、一理ある。
うちの連れ合いがずっとそげん言よったわ。だから、俺は手伝わないんだと。オヤジのために。詭弁じゃんとおもうこともあったけど、それほんとじゃもんね。
頼る気持ちは人間を弱らせる。

ただいま帰りました。

ネット不通の間、このページが開けなくて(携帯サイト)記憶をつなげて句を36句ならべる作業をした。ほぼ覚えていたんですが二つどうしてもきっちりでてこない。
○○のやうなぬかるみなにぬねの。○○がでてこない。それと、坊様の月句。○○○灯りともらぬ避難所に?月あがる?大ウチコシに日が昇る。なんかちがうな。あかりともらぬというのもくどいしな。んーなんだったんだろう。まったく自然な句だったのに、なぜ出てこないんだろう。とずっと気になってきになって。
整子句のは、今朝になってなにかの拍子に記憶が戻った。足かせのようなだった!
思い出せないもので、じぶんで代入してああでもないこうでもないってやってた。

はにかみのやうなぬかるみなにぬねの。

それと、月。

月明かり。電気ともらぬ避難所に。

うっわ!電気だったよ、電気。へえー!
この月句、なにげにすごい句だったんだてきづく。それもいまになって。はあ~

おかげではじめてネットでまいた『やわらか戦車』をひさびさに思い出しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌仙『筍の』上がりました。:

» おじさん九州俳句大会にて [おじさん(Age.52)日記By宙虫]
5月31日。 なんとか宮崎市までたどり着いた。 夜8時。 九州俳句大会はちょうど懇親会の終わりに近づいていた。 どうしようか迷ったが。 大分の俳人仲間と会う約束をしていたので。 とにかく会場まで行くことに。 結局。 そのまま二次会まで。 宮崎の大会実行委員会の皆さん、突然の乱入でごめんなさい。 深夜一時をまわって予約していたビジネスでシャワーを浴びて眠った。 どろのように。 6月1日。 朝、九時半から九州俳句大会は始まった。 記念講演は、当初の予定と違って、宮崎...... [続きを読む]

« 九州俳句の野生 その2 | トップページ | 宮崎 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29