無料ブログはココログ

« 歌仙「筍の」つづき | トップページ | 会場設営 »

2008年5月13日 (火)

テラビシアにかける橋

小郡端間(はたま)辺りのカントリーエレベーター。

小郡の麦畑。八丁島から端間へ向かう。

見たいと思った映画の検索をしたら、九州では一件だけソラリアプラザがヒットしました。しかも今日が最終日。博多にすむ娘の顔が浮かび、昼休みに連絡をしますと、午後からあいていると元気な声。四時で仕事を終え、ささっと小郡に向かい、駅近くの○○薬局の駐車場に車をとめると天神行きの西鉄電車に乗りました。

映画が始まる一時間半前に着きました。娘と夕食を一緒に食べるの、久し振りでした。ずいぶんきれいになっていた。しかも驚き、ブログを始めたって。携帯ブログ。(タイトルも教えてはくれませんでしたが、日に1千ものアクセスがあるんだって。ウキーッ。)

ところで、映画はなみだぽろぽろでした。おさないいもうとのなんとあいらしかったこと。娘と二人、おおなきして帰りました。でも、さわやかな涙でした。

映画を紹介してくださった、バービーボーイズの杏子さんに感謝。
映画冒頭、いもうとがバービーと遊ぶ場面がありますし、何度もバービー人形が出てきました。

だいすきなバービーボーイズが、再結成されますように。

« 歌仙「筍の」つづき | トップページ | 会場設営 »

コメント

何で?小郡端間をうろうろして小郡から電車に乗るとね。
麦畑の黄色と抜けるような青空がいいなぁと眺めていたら、なんとここは私が通勤してた駅(端間)近くじゃないね。
端間駅と言うのは、鳥栖と小郡の県境があて、私の実家はかろうじて佐賀県と言うことたい。

検索してヒットしたら東京だろうが天神だろうが飛んでいく、そういうのが生き生き生きるって事ね。
そうやって生きた方が得と言うもん。
最近私は情熱がなか~。

今日本届きました。
立派な本に感動、立ちながら読みふける。
お手数かけてすみませんでした。
乙四郎さんありがとうございました。
「立派に生きる」とはこういう事とかなと思いました。
お茶、ありがたく頂きます。


さくらさん。話したいことがやまほどあるだよ。あちらから「きた、きた、きたー(織田裕二のまねをしてるおわらい芸人のノリ」ってかんじなんです。笑
これもその一つですね、そういえば。
小郡なんて自分の発想からは出てきません。専務にどう行けば駐車場代が浮くかと尋ねた結果がこれでした。西鉄久留米駅から電車に乗れば、駐車場代が映画代以上にかかりますからね。
ちゃんと地図を描いてくれたので、その通りに行ったら、さくらさんが書かれたように、川(宝満川)渡ってすぐのとこに駅があり、それはたしかに端間駅とありました。でも、さらにそこから右へぐにゅぐにゅとしばらく車を走らせたら、小郡駅に着いた。専務は、そこらへんに「えじま屋」ってスーパーがあるから、そこの駐車場にとめたらいいよって教えてくれたんですが、それはもう、なくなっていた。だから、○○薬局にとめた次第です。
思えば、八丁島の信号から、左へ曲り、延々とつづく風景が一面の麦畑で、なんともいえませんでした。筑後と筑紫との中間あたりですか。

なるべくストレスのない生き方をしよう。いきたいところぐらいは絶対行こう。いつ死んでもいいように。と、ひそかに決意したのが、十年前です。以来、ひとりでどこでも行きます、さっさと行きます。夫や親やこどもとは絶対いっしょにいかない。東京も、ことしのうちにもう一度いきたいのですが。ヤスクニジンジャ。

節約生活HP
http://id17.fm-p.jp/61/ababc/
節約生活に使えることをいろいろ書いています(*^^*)

スーパーえじまや、85歳の母が自転車で毎日買い物に行きよったとこだけど、つぶれたとやろか?

小郡からまた一人で八女まで帰った?
うわ-えすなかったね。

えじまやは「ざっしょのくま」の店にはかたにすんでいるとき子連れでよってたちんまりとしたスーパーでした、なまえを聞いて懐かしかった。でも、探せどないので、人に聞くともうないって。えじまやは寿屋系列でしたね。つぶれたんでしょう。
かえるとき、九時十五分だったけど、人がほとんどいないかんじでした。道路も昼間とまったくちがい、がらがら。小郡から八女まで三十分ほどでした。
さくらさんの母上はじてんしゃで85まで。それはお元気ですね。とばたのはははうちの親より一つ下ですが、近年じてんしゃでころび、もう乗らないそうです。
市街地に一人暮らししてますが、ぐるりは一人暮らしになった人が多いです。

宝満川渡ってすぐ端間駅があり、踏み切り渡って右へ曲がってぐにゅぐにゅ行くと小郡駅、まさにそこらへん、実家に帰ると何べんも通るところです。

昔は街灯も無く夜になると真っ暗、銀行の勤めの帰宅は毎日9時10時で、途中藤棚のある真っ暗なお宮があったりして、よくえすなかったなぁと思いだしてぞーっとしています。

天神に映画見に行くのにそんな手があるとは、専務さん、相当詳しいね。職業柄でしょうが。

こんばんは。
わたしは短歌関係で月一くらいの割合で天神まで行くったい。
金なしプータローなんで、なるべくお金がかからない工面して。
だから、久留米試験場前まで車で行って、高架下の無料駐車場を利用してる。
往復1200円。小郡からやったら、まあだ安いとかね?
でも、時間かかるもんなあ。
試験場前までうちから10分強。
小郡までなら1時間くらいかかるっちゃないと?

あちゃー、皆くわしかねー。試験場前の無料駐車場?知らんやった。今度詳しく教えて。我が家は大善寺駅が近いので、ゴルフ練習場の駐車場に何回かおかせてもらったことがある。いつも駐車お断りの張り紙がしてあったらと、どきどきしながらかえってきます。

せいこ&ぼん。
こういう情報は重宝します。ありがとうおしえてくれて。いつか役に立つとおもう。
小郡まで、じゃなく小郡からうちまで四十分ほどだった、夜九時半ころ。三号線じゃなく藤山線。くるめからは記念病院のそばを通り、橋をこえて八丁島の信号から左へ、そっから宝満川までいき、右へいけばすぐ小郡。○○薬局より手前にある駅のすぐちかくの西日本○○○ぎんこうの駐車場もつかえるらしいよ、おぼえてきましょう。運賃は往復千円。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テラビシアにかける橋:

« 歌仙「筍の」つづき | トップページ | 会場設営 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31