無料ブログはココログ

« 新聞記事 | トップページ | 母子手帳 »

2008年4月 2日 (水)

大石政則日記 その19

昭和二十年四月二日

晴 ○七○○先ず艦攻、次いで艦爆の特攻隊発進す。総員飛行場にて見送りをなす。不帰還の門出に、日の丸を染めし鉢巻をしめ、日の丸を右腕及びライフジャケットに貼り、桜花を胸にさして、微笑して行きし、先輩達の神々しき勇姿よ。我も亦共に八十番をもちて突入せん。ただ時に差あるのみ。
間もなく艦攻のみ視界不良にて引返す。正午再び発進。高橋少尉、若麻績(わかおみ)少尉、教員一、計三機、発動機不具合につき、発進明日に延期さる。

『ペンを剣に代えて』 (西日本新聞社刊)
特攻学徒兵海軍少尉 大石政則日記
          大石政隆編より
表紙写真のある紹介記事:

http://www.geocities.jp/masa030308jp/penoturuginikaete.htm

« 新聞記事 | トップページ | 母子手帳 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大石政則日記 その19:

« 新聞記事 | トップページ | 母子手帳 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29