無料ブログはココログ

« 大石政則日記 その24 | トップページ | 大石政則日記 その25 »

2008年4月10日 (木)

広告とり

広告とり

2005/7/8久留米聖マリア病院裏のマリア像。
広告とり

2008/4/9八女蒲原近松いわきち仏壇店。

きのう会社をやすみ、元行員のともだちと二人で、同窓会パンフの広告とりに八女市内を終日ぐるぐる回った。前回とあわせ回った数は19件、ご協力いただいた金額は十万円ほどになる。みなさま、いろいろと事多い中のご寄付、まことにありがとうございました。営業はたいへんな仕事ですね。

参照:八女市の仏壇店http://www.yamep.net/town_com/tradition001.html

写真、全部を撮るつもりだったのですが、最初に行ったいわきちさんとこで観音さまを撮っただけで、携帯の電池切れとなりました。(上のマリア様はデータの一番古いものです。連句的なので、ここにおきます。)

寄付をいただいたご芳名をここに挙げたほうがいいんじゃないかと思うのですが・・。いずれのちほど。

« 大石政則日記 その24 | トップページ | 大石政則日記 その25 »

コメント

本当にお疲れ様でした。
頭が下がります。
やはりらんちゃん、只者ではなかったわね。
どこか天然っぽくて、
どこかぼうぅぅっとしてて(ごめん)、
うわさでは切れ者の行員だったって聞いたけど、
ほんまかいなと思わされるところがあって。

らんちゃんのがつがつしてない、
そこが魅力の行員だったのだろうと
改めて思い知ったところです。

強固はんとらんちゃん。
無敵のコンビと呼ばせてください。笑

らんちゃんはしゅごかとです。
欲がなく、猫がともだち。
子もなく夫もなく、清純派のまま五十路を迎えたひとですが、どうしてどうして、しっかりとしたものをうちに秘めたひとです。ぼおおおっとしてる。たしかに。笑
でも私よりよほどしっかりしている。それにね。回ったとこのみんなが、彼女を知ってた!!ひがしさんひがしさんて。あんたは東本願寺かってつっこみたかった。笑

らんちゃんと言う方が、私が昔勤めていた会社で定年まで働かれたって方だったとでしょ?
違ってたらごめん。
昔私がいたころも特に八女筑後方面出身の独身お姉さまがたがすごく多くてそろって知性的で美人だったよ。
そういう方々が今70歳代だと思うと感無量。

さくらさん。はいそうです。笑
以前都会のクリニックで受付していたころ、患者さんにもいらっしゃった。富士銀行の。行員は聞けばとても仕事がハードで、帰宅はふつうに夜九時をまわるそう。すごいことですね。ある意味、仕事のおににならんといけんのやものね。男性と同等に仕事もせないけんのでしょう。
こうして又むかしのともだちとつきあっていると、なぜあのころあんなにいっしょけんめいつきあっていたのだろう、とか、しみじみ縁を思います。わたしは高校時代、ずっとらんちゃんとべったりいたんですよね。彼女にボーイフレンドができるまで。で、そのあとは、ミータンといっしょにいたんです。笑。(さくらさんと同じ名前の早世した友人。)
ともだちのこと、特に死んでしまった友のことを、ときにいっぱいいっぱい書きたくなる。それ、なんとかして、できないかなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広告とり:

« 大石政則日記 その24 | トップページ | 大石政則日記 その25 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31