無料ブログはココログ

« 在りし日の | トップページ | 夫へ »

2008年3月26日 (水)

薔薇をもらふ。

まっちゃんが薔薇をくれた。
薔薇の赤い花束。

きれいだ。

まっちゃんはまっちゃん。
現場でも親切にしてくれた。
その現場がきのう、おわったらしい。

いろんな隊員さんがいる。
ひとりものばかり。
京大卒の人がいる。
ワインを日に二本あける。
依頼すれば、どんなきつい仕事でも出る。
私に「軽車両を除く」の意味を教えてくれた。
タクシー運転手あがりの人がいる。
愛想がよく如才ない。人のこころの先をよむ。
対馬から来た青年がいる。
たこべやでよく辛抱している。
長崎の小さな名も知らぬ村から自転車で来た
親も家族も離散してしまったという
そんな青年もいる。
かれは人がよく
頼まれれば自分も貧しいのに金を貸す。
どの人もどの人も
菩薩の顔をしていて
どの人もどの人もとても優しい。
また今日も石は
ダックスフントのキララをつれてお散歩にでるだろう。
そして山さんは
常務と決して負けない碁を打つだろう。
そんな会社で
わたしは壁際にはりついて
今日も事務を執る。



« 在りし日の | トップページ | 夫へ »

コメント

まっちゃんが男なにか女なのかはわからないけれど、
人から花をもらうのっていいよね。
それが真っ赤なバラの花束なら、
ホントに言うことなしの喜び。

強固はんの仕事場ってあったかい血の通った仕事場だなと思う。
建前とかメンツばかりで生きてない。
本音で生きている人ばかり。

どんな職場よりも、
強固はんにふさわしい仕事場のような気がする。
強固はんもまたまっすぐにしか生きられない人だと思うから。

ありがとう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薔薇をもらふ。:

« 在りし日の | トップページ | 夫へ »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31