無料ブログはココログ

« 春の嵐 | トップページ | 大石政則日記 その14 »

2008年3月19日 (水)

大石政則日記 その13

三月十九日

飛行場外周より、ドラム缶を各自一宛ころがし来るに、忽ち警報出(い)で、飛行機分散をなす。六百四十号鼻をつき、ぺラ翼曲る。他部隊の天山一機一脚、根本まで柔軟地にはまる。
十六時より飛行機分散もとえをなす。一空の予科練大勢加勢に来る。

『ペンを剣に代えて』 (西日本新聞社刊)
特攻学徒兵海軍少尉 大石政則日記
          大石政隆編より
表紙写真のある紹介記事:

http://www.geocities.jp/masa030308jp/penoturuginikaete.htm

« 春の嵐 | トップページ | 大石政則日記 その14 »

コメント

今日は短い時間でしたが一緒にすごせて、行ってよかった。お昼もおいしかったし。これからさきは、出席できるかどうかわかりませんが、(少しおじゃまむしかなともおもっているけど)こりずに誘ってください。お疲れ様でした。

今日はお世話になりました。
ばたばたと失礼してごめん。
らんさんにも、よろしくお伝えくだされ。

客人を迎えての連句の会、これまでとはまた一味違った連句の座になってよかったですね。
宙虫さんから俳句の興味深いお話も聞けていい経験になりました。
また参加してくださるといいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/11510691

この記事へのトラックバック一覧です: 大石政則日記 その13:

« 春の嵐 | トップページ | 大石政則日記 その14 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30