無料ブログはココログ

« 大石政則日記 その3 | トップページ | 大石政則日記 その4 »

2008年2月 8日 (金)

日本の米

心配になってきた。

きのう、お百姓の隊員さんが自宅から米を持って来て、知人に買ってもらっていたのですが、それを横目でみていますと、15キロで四千円でした。それは安いのか高いのか、私にはわかりません。家に帰り、百姓の父に尋ねると、うちもよそも新米(2007新米)がまだぜんぜん売れていないそうで、それどころかまだ古古米があるらしく、営農口座には一円も入金されていないとのことです。

わたしはこれを聞いて大変驚きました。
かつてなかったことです。

追記

米の輸入自由化の実態は今どうなっているのだろう。
制限を設けたところで、なし崩しになるのは眼にみえていた。日本の米が売れなくなるのは自然なことだ。だって高いから。政治家も農家の者もこの点はよくわかっている。きれいごとは聞きたくもない。かささぎは、では売れなくなった米はどうなるのかを知りたい。いまのところは、カントリーエレベーターに保存されていると思われる。

参照
かささぎの旗:http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_21af.html
グレインエレベーター:http://en.wikipedia.org/wiki/Grain_elevator
カナダの:http://www.grainelevators.ca/

« 大石政則日記 その3 | トップページ | 大石政則日記 その4 »

コメント

米離れも深刻なのかなあ?
それとも安価な輸入米に消費者は手を出してるってこと?
中国のダンボール事件(がせねたやったらしいけど)以来、食の安全が」問われてるけどね、実際問題として、消費者はやっぱり家計に優しいほうを選ぶんでしょうね、体にやさしい食材ではなく。

農業に従事する人間がこれだけ少なくなった日本で、地域の食材で地域をまかなうとかいう「地産地消」は可能なんだろうかねえ?
ま、わが家は自家製野菜で急場を凌ぎますわ。カネもかからんし。
ってことで、本日、名古屋と横浜の娘たちに米やら大根やら白菜やらを送りました。

せいこさんよ、そうじゃないとおもうな。米離れはない。ただ加工食品で米はいくらでも輸入できるから、そのぶん、ほんものの日本の米は消費がおちる。それがどのくらいの量か、だれにも把握できてない。新聞はマスコミは、そういうことを自分の足で調べてみなっていいたい。カントリーエレベーター回りをして、足で在庫を調べてほしい。もちろん、政府には、そんなことをやらなくても、状況の把握はできているんだろうけどね。農政はまったくわからん。

はじめまして。
先日、テレビで 『米粉』 の紹介がされていました。
輸入小麦の高騰から、小麦の代わりに米粉を使ってパンや麺類を作っているというものでした。
お米ならば日本国内で自給出来るので良い方法だと思っていたのですが、もしかしたら 『米粉』 を作る場合でも、高い国産米よりも安い海外のお米を使うようになるのでしょうか・・・

kyunkyunさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
べいふん、と読むのですか。ビーフン、とはちがいますよね。笑
そういう加工品は安い海外のだろうと思います。まぜてもわからないようなものって、百パーセントという字が入ってない限り、(いや入ってても)、まぜてると思ってかかったほうが自然です。水が高いとこから低いとこへながれるように、ものも安いとこからながれる。・・どうなるのかなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/10314269

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の米:

« 大石政則日記 その3 | トップページ | 大石政則日記 その4 »

最近のトラックバック

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28