無料ブログはココログ

« 職場の机辺 | トップページ | あまおうミルク大福 »

2008年2月11日 (月)

大石政則日記 その5

昭和二十年二月十一日

紀元節、〇八〇〇軍艦旗掲揚。次いで宮城遥拝、御写真奉拝(於司令公室)一〇〇〇より武道場に於て祝賀式。昼食後上陸許可。このころ一式陸攻〇〇機宮崎より飛来す。比島戦局重大を加え、本州擁護に一段と緊張の気漲(みなぎ)るとき練習航空隊たる本隊に陸攻多数終結を見て、前線基地に近き感を覚えせしむるあり。
「昼間は○大(註・マル大・・・人間爆弾といわれる「桜花」)攻撃、夜間は雷撃を任務とす」 と聞く。久恒氏方にて一日を過ごす。中垣少尉の父君、弟の二人と見ゆ。
機動部隊進攻の噂あり。

一式陸攻:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E5%BC%8F%E9%99%B8%E4%B8%8A%E6%94%BB%E6%92%83%E6%A9%9F (これを読めば一式陸攻の命名理由が皇紀2601年であることから「一式」となったとあります。なるほど。繋がってきました。石橋秀野を調べていたころ、皇紀は二千六百年と国中が沸きにわいたのが確か昭和十五年でしたので、その翌年ですね、一式陸攻が世に出たのは。)

人間爆弾「桜花」:http://www.geocities.jp/torikai007/1945/kaiten.html
http://jseagull.blog69.fc2.com/blog-entry-387.html
http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20050610

雷撃とは・・http://www1.mahoroba.ne.jp/~ple/t115.html   

機動部隊とは・・http://www.kanji.okinawa.usmc.mil/Units/magtf.html

『ペンを剣に代えて』 (西日本新聞社刊)
特攻学徒兵海軍少尉 大石政則日記より
表紙写真のある紹介記事:
http://www.geocities.jp/masa030308jp/penoturuginikaete.htm

« 職場の机辺 | トップページ | あまおうミルク大福 »

コメント

himeno さんはこうやって知らない言葉を次々追求して知識にしていくんだなぁ・・・と感心します。

零戦(れいせん)も、2600年に正式採用された飛行機だからでしょ?
ゼロ戦と呼ぶのは、単にれいを英語式にぜろにしたもの。おっほん!(古るー)

そうだったんですか。
しりませんでした。
ほんとに何一つ知らない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/10408378

この記事へのトラックバック一覧です: 大石政則日記 その5:

« 職場の机辺 | トップページ | あまおうミルク大福 »

最近のトラックバック

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28