無料ブログはココログ

« 子犬 | トップページ | ふくらすずめ »

2008年2月23日 (土)

久留米井筒屋辺り

久留米井筒屋辺り
久留米井筒屋辺り
久留米井筒屋辺り

昼休みに用事があって井筒屋へ行きました。
偶然なにも走ってない車道が写ってました。
かなり凹んでますね、みち。
二枚目の写真は、西鉄久留米駅近くのやきそば屋。想夫恋のやきそばがだいすきで、ときに無性にたべたくなるんです。ここと上津店と、あと日田店に何度か行ったことがある。上津店に一年ぶりで最近行ったら、むすこをみた信子さん(落合監督の奥様に少し似ておられるので、勝手ながらあだ名を付けさせてもらいました。もっとかれんでおわかいのですけど。すみません)が、うわーおおきくなったね!とおっしゃった。小学五、六年のころ、よくお世話になってました。ここのやきそばは、麺の表面がちょっと焦げていて固く、葱ともやしと豚肉の短冊切りだけの具がシンプルながらもとてもおいしい。どかたのおっさんなみに、やきそばとごはんの小をもりもりとたべるのであります。ごはんが入らなくなって、塩おにぎりを結んでもらったこともあります(日田店、上津店)。

« 子犬 | トップページ | ふくらすずめ »

コメント

残ったご飯を塩むすびにしてもらうとこが、いかにも、強固はんでんな。
わたしは、ぱりぱり麺のアンがどてっと乗っかったヤツが大好き。無性に食べたくなって、夜中に3号線沿いのリンガーハットまででかけたことがありまっせ。食い意地の張ったヤツじゃ。

「ぱりぱりの焼蕎麦」ですね。うちではそういうてる。おいしいよね。はじめてたべたときの感激をおぼえている。昭和五十二年。天神味の名店街(おお。なつかしきこのひびき。いまもあるやろか)同級生の薬剤師さんがカタヤキソバたべにいこって誘ってくれて、それがぱりぱりの揚げヤキソバだった。食感がたまらない。ゲイジュツはばくはつだ!岡本太郎をおもいだした。

そうそう、固焼きそば。わが家ではパリパリ麺で通ってます。
一月に一度の割合で食卓に登場。もちろん、インスタントの麺ですが。季節の野菜たっぷりのアンは酒のアテにもよからしい。うちの連れ合いはこのアンで焼酎を飲む。

せいこさん。酒がのめる男はいいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/10697883

この記事へのトラックバック一覧です: 久留米井筒屋辺り:

« 子犬 | トップページ | ふくらすずめ »

最近のトラックバック

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28