無料ブログはココログ

« 一俵の重さと筑後の農民 | トップページ | 大石政則日記 その5 »

2008年2月11日 (月)

職場の机辺

職場の机辺

私の机に誰かの大阪みやげのペンたてがある。
他の机にずらしても、翌朝になるとまたある。
なんなんだろうね。

と思って、杏子サンのブログに行ったら・・わわわ、連句的。

http://kyoko.weblogs.jp/blog/2008/02/post-e21f.html

先週くるめのno music, no life のタワーレコードで
ついに買ってしまいました。バービーボーイズのcd。

ヴィジュアルもついてきた。実は初めて歌っているところを見た。
声でしか知らなかった。二人のハスキーな声が大好きだった。

私のお気に入り。

ノーマジーン:http://jp.youtube.com/watch?v=sDgkQl4KyRw&feature=related

惑星タイマー:http://jp.youtube.com/watch?v=Vpe8iFYM_no&feature=related

いまにして思えば、あの頃の自分は、一人社会に取り残されていると感じていて、夫は深夜にしか帰ってきませんし、こどもの母親ばかりの役目で家にこもっているのはストレスの塊でした。まだ若かったですし。そんなときに、バービーボーイズを聞くと、こころのもやもやが晴れるのでした。分析したことはありませんが、きっと主婦という仕事の、性を押し殺すような部分が、解放されてゆくからだったんだという気がします。そんなわけで、杏子サンは大げさに言えば、命の恩人であります。つらいときを、乗り切れたもの。

« 一俵の重さと筑後の農民 | トップページ | 大石政則日記 その5 »

コメント

そうです
そうなんでした


大阪城と通天閣、対等に渡り合えるんだねえ

通天閣の真下にたこやきやさんがあるねんで
でな、となりの土産物やさんのおばちゃんが
とっても面白くて、口上きいてたら漫才みたいで、
だけどなんも買わへんで帰ってしもて、申し訳ない
ことでした
おなかいっぱいだったから

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/10424234

この記事へのトラックバック一覧です: 職場の机辺:

« 一俵の重さと筑後の農民 | トップページ | 大石政則日記 その5 »

最近のトラックバック

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28