無料ブログはココログ

« だんだら粥 | トップページ | 無題 »

2008年1月18日 (金)

やすくに

やすくに
やすくに
やすくに

靖国神社の靖国通りに面した側の門を守る狛犬。ほかに、写しそびれたもう一対があります。その写しそびれた最後の一対は、同じく靖国通りに面してありますが、西牟田靖著『写真で読む 僕の見た大日本帝国』の冒頭にある、ユジノサハリンスクで西牟田が見た狛犬と同様の、建築家・伊東忠太がデザインしたものです。西牟田靖のこの本は、とてもよく調べて書かれた労作であります。さまざまな事実を教えてくれます。

過去に撮影した狛犬

http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_638c.html

http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_177b.html

« だんだら粥 | トップページ | 無題 »

コメント

東京はきれいで安くて美味しい・・・・との感想。
東京に住んでる私が一番そう思ってる実感をひょっこり出てきて一発でそう感じるところがすごい。

その通り、ご飯は大体500円前後で美味しいものが食べられる。米も美味しく炊いてある。

明治大学の周囲はこの前息子が結婚式を挙げた場所なので、打ち合わせなどに行ってるうち大好きな場所になったところ。
紫紺館の前の道をもう少し下ると神田神保町の古本屋外へ出ます。そこが一番好きなところです。
次回古本屋街も歩いて見てください。

さくらさん。しこんかんをもっと下れば神田でしたか。古書店街は一度行ったことがあります。近くにあることは明治大学があるのでわかりましたが、方角がわかりませんでした。
「ねぎし」で夕食に食べたものは、カルビ定食千円。ごはんととろろがおいしかった。昼食は靖国通りの江戸前のかけそば(醤油色のだし汁でも味はおいしい)、翌日、羽田では七階にあった沼津のおすしやさんで握りのランチセットこれも千円だったんですが、とてもおいしかった。お茶もおいしかった。値段と味と量がベストで、それとサービスしてくれる店員さんが優しくて、うれしかった。
あと、御茶ノ水駅からしこんかんへ行く道すがら、ずらっと音楽関連のお店がありました。エレキギター屋さんとか中古の譜面(ギターの)やヒップホップやラップの洋楽の貴重なcdを売ってる店が。次男をつれてきたいなあっておもった。

さくらさん、手島さんのファンでしたか。ならば本にサインをもらってあげればよかったですね。わたしは阿部さんにサインをもらいたかったのですが、とうとう言い出せませんでした。

ごめん私のパソコンの機能が古くて添付の分がよめません。連句の恋歌三句は間違いなくつくるけん。それにしてもトキオ行ったんだね。すごい行動力,私も脱帽だよ.私も一歩ふみだして明日面接受けてくる。どうなりますやら・・・

ふえ~。なんのめんせつ。しゅうしょく。
いまのとこはだめなの。

連句ですが、いいよ。ぼん。ゆっくりでも。恋句は最初のころどういうのを出せばいいかさっぱりわからなくて、往生しました。自分が「恋」に求めている純粋なかたちが出るような気がします。いろんな気づきがあって、それだけでも楽しいです。自分はこういう人間だったんだなあっておもう。からだの声もきく。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やすくに:

« だんだら粥 | トップページ | 無題 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31