無料ブログはココログ

« 大石政則日記 その2 | トップページ | 現場2 »

2007年12月21日 (金)

自分を生きる

先日の続きです。

「吾亦紅」の歌詞。

おれはじめて自分を生きる

ってでてきますよね。とても印象的です。

ことし、いろいろと読んだ俳句作品のなかで、それも現代俳句のなかでですが、連作風に書かれた「草の男」(瀬川泰之)が深く残っています。このブログでもとりあげていますので、興味がおありのかたは探してみてください。

団塊の人たちはとても苦労して今の日本を築いた人たちです。自分を生きることがなかった、のでしょうか。そもそも自分を生きるってどういうことでしょう。自由に生きる、ってこと?

これ、ずっとかんがえてます。

« 大石政則日記 その2 | トップページ | 現場2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分を生きる:

« 大石政則日記 その2 | トップページ | 現場2 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31