無料ブログはココログ

« 吾亦紅 | トップページ | 大石政則日記 その2 »

2007年12月20日 (木)

漏斗胸 

あのう。

非公開のトラックバックがついてました。「天上の乳房」に漏斗胸の記事。ありがとうございました。公開させていただきました。

読んで、はじめてくわしくじぶんの畸形をしりました。

小学生のころ、校医さんが胸をみて、いつもこう書き込まれました。「ロウトキョウね」。

ろうときょう。ロート、ろーとろーと。目薬の会社かとおもいきや、じょうごのことでした。中央部から右にかけて、まるで隕石が堕ちたようにへこんでいます。お風呂からあがると水がたまるほど。でもくらしに影響はないからそのままでいい。といわれ、その気でずっと過ごしてきました。成長するとわからなくなるよ。ということでしたが、娘が評していうには「ひどい・・」だそうです。

ほかの体になったことはなく、感覚的なことは比べようがありません。ただ、マラソンはみんなとおなじには走れなかった、胸が苦しくて。校内マラソンは棄権してました。とても胸が薄いのです。あるとき、きものの着付け師が補正のためタオルを六枚も胸の上部に置かれました。ガ~ンとなりながら笑ってしまいました。(着物はなぜかずんどうで鳩胸にしちゃいますね。)

弥勒菩薩半跏思惟像とか百済観音像のむねがちょっとにてまして、あれをみるたび、おお、わがともよ!!と駆け寄りたくなる。少女のままの夢見る胸。(ってそげんロマンティックなもんじゃじぇんじぇんなかばってん)

最近、訃報欄で校医の先生の訃を知りました。
慎んでお悔やみを申し上げます。下津浦先生。しょっちゅうおせわになっておりました。ありがとうございました。合掌。

追伸。

漏斗胸の女の子がいたら、ちいさいときに手術をしてあげてください。ずいぶんなやみます。授乳には差し支えませんでしたが、恋をする年頃になって、言い寄る人ができても、こころをひらけなかったし、お医者さまに胸をみられるのがいやで、病院はほとんど行きません。
原因を考えています、素人なりに、ですが、生まれてくるとき、さかごだったからか、あるいは、母が妊娠中に飲んでいたらしい粗悪なカルシウム剤のせいってことはないのか・・とか。まったくわかりません。)

天上の乳房:http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_c2bb.html

« 吾亦紅 | トップページ | 大石政則日記 その2 »

コメント

漏斗胸女の子
165,000件中1位です。おどろいた。
これを書いたときより
ずうっと記事がふえていて
そのことにも驚いています。
「病気ではないといいますが、病名がある以上、病気です。」とあるお方がきっちり書いておられました。
たしかにそうです。負い目になります。
手術、とっても痛いらしい、こわいらしい。
それでも、できる年齢の方はやってみた方がいいと思います。未成年なら医療費はいらないと何かに書かれていました。手術後、息をするのが楽になったという感想もありました。
このからだしかしらないので、そういう差はわかりようがないことが残念です。
sfみたいに、近い未来、いくつかのからだを着物を脱ぎ着するように自由に装着できたらいいのにね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漏斗胸 :

« 吾亦紅 | トップページ | 大石政則日記 その2 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31