無料ブログはココログ

« rice station | トップページ | 農魂 »

2007年10月 7日 (日)

火入れ式

今日から塾は本格的な受験体制に突入。
その火入れ式(奮起式)が久留米のさる大学であった。午前中はこどもに平成17年度の公立高校の入試問題を解かせ、午後からは親に映像で、どのように受験に立ち向かうかの講義。小学校の五年の夏休みから六年生にかけての一年半と、中三の夏から今また通塾しているが、親も子も相当くたびれてきた。しんどい。暇もおかねもからだもね。それなのに、塾側は、高校生になったあかつきには、わが塾の高校部が自信をもって大学までの勉強をサポートします・・などとのたまうわけよ。もう、むかむかしてきてねえ。はたらけどはたらけど、すべてこどもの教育費にきえていくさだめ・・か。受験生のおやごさん。しょんなかですとたい。がんばりまっしょい。こどもががんばっているのをみると、親もがんばらんば、と思うとですもんねえ。

あ。それでおもいだした。

俳句をもう十五年もやっているけど、まわりのひとも自分も、句集を出すことはないんですよね。これ(句集出版)、確実にむかしより減っている気がします。それだけ余裕がなくなっているんじゃないでしょうか。つまり、景気はよくなっているんじゃなく、わるくなっているっていうのが、庶民の正直な実感です。為政者のみなさん。そこんとこ、夜露死苦。

« rice station | トップページ | 農魂 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 火入れ式:

« rice station | トップページ | 農魂 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31