無料ブログはココログ

« あばら骨 | トップページ | 機械寺 »

2007年9月 1日 (土)

夾竹桃の垣

夾竹桃の垣

« あばら骨 | トップページ | 機械寺 »

コメント

これ、高速道路じゃないですか?

関東の高速道路で遮断壁沿いに夾竹桃植えてるところはとても多いです。
騒音と排気ガスいっぱいすいながらよく咲いているなぁ・・・といつも思いながら眺めます。

でも、高速道路でこの写真撮れる訳ないよね。

こんばんは。
さくら先生。
そのとおりです。高速の花ですよね。
以前、まだ花が全部つぼみのときに写したのがあったのですが、携帯写真にはなんにも写ってなかったので、花が咲いたらどんなふうに写るか、撮りました。場所は久留米のインター近くです。うしろはたてものの壁。

さくらさま、ご本、発刊おめでとうございます!!
「ペンを剣に代えて」東大生だったさくらさんのおじさま(じゃないんだ。えーっと、父上のいとこですって)の貴重な記録だとあります。
そうでしたか。これをこの夏せっせと編集なさってたんですね。では買って読ませていただきますので。

きょうは、みやき町というところに母と行ってました。・・佐賀ですね。白石焼窯ってのの近くでした。服を買いに行ったんです。そこのあるじ、80代女性が大きな蜂に刺され、どうしようってあたふた。土曜だったしかかりつけ医があいてない。119番して、氷水で冷やしながら、佐賀東病院へ搬送、すぐ診て貰えたので、ことなきをえました。ふしぎな日だった。夜、オーラの泉を見てたら、武田徹夜、あれ、字がちがうかな。が出ててね、それみてたら、なにげなく、母の故郷はおぐにのひのくちっていわれたのが耳に残って。
これ、ちょっと霊的なんでありますが、書いていいかな。笑わないで。博多に住んでいたころ、突然、何の脈絡もなく武田徹夜の夢を見たことがあって、ふしぎな夢だった。はらゆたかって人の「ねこ岳のばけねこ」にかんする絵本をよんだことが強烈にのこったんだか、その漫画っぽい絵の一場面が武田徹夜ででてきてね、足首にいっぱい毛がはえててうわあって驚いた夢。
夢をほとんどみないので、しかも芸能人の夢なんてみたこともないし、いつまでも、あれはなんだったのっておもう。
ねこだけってどこかな。大分、阿蘇じゃないのかな。
こういうゆめ、理性で制御できないし、いったいどこからくるのでしょうね。

夢の話は誰に言っても真剣に聞いてくれない。
自分だけが見た世界なんだから何とでも言えるじゃん・・・・としか受け取られないけど、
本当にみたんだもんね。

でも自分の気がつかな潜在意識の中にあるものを見る事にはまちがいなさそうです。
武田鉄也さんの親は熊本出身って言うのはいつも言ってますね。

本は、西日本新聞社が力を入れて宣伝してくれてるようです。
編集は私じゃありません。
本人の弟さんの編集です。全盲という悪条件の中で実現したところにも情念が入っています。

本の中に収録されたものの一部はここでも読めます。
http://www.geocities.jp/kamikazes_site/tokko_episode/omoidegusa_ooishitoku1.htm

また編集者はこの人です。
http://www.geocities.jp/masa030308jp/masataka.htm

よろしくね。

リンクされなかったので名前にリンクさせました。

ご紹介、ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夾竹桃の垣:

« あばら骨 | トップページ | 機械寺 »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31