無料ブログはココログ

« お弘法さん参り | トップページ | 岸本マチ子の詩「祈り」 »

2007年9月25日 (火)

満月までもうちょっと

満月
満月
満月
久留米市六ツ門。

きょう、会社でかなしいことがあった。隊員・営業募集の広告をみて応募してきた人が、研修二日目の今日、社会保険がないと聞いてやめてゆかれた。少々お給料が安くったって保険があると思って応募したのに、と恨めしい顔をなさった。気の毒でなんと慰めてよいかわからない。教官とふたり、はやく気づかれてよかったと言い合う。経営者ではないから、待遇面に口をはさめない。しかし、いろんな人が実にたくさん、素通りしていかれる職場にいて、なんともいえない無常をかんじる。いいわるいではない。そんなちゃちな正義感を振り回すほどガキではないし格差社会がどうだと一席ぶつ気概もない。ただこれが現実だとおもうだけ。

四時で仕事を終え、帰りに合川町の明治屋で魚肉類を買い、五時前には帰宅する。と次男が疲れた顔で、おかあさん、今日は送ってくれない。という。

りんごをかじりながら、ふたたびクルメへ。写真は夕方六時ちょっとの六つ門、福銀の地下駐車場に車をとめて、向こう側へ渡ろうとするときれいな月にきづき、またよりもどって携帯カメラで撮影。あおい空からくろい空になるまでのきわどさ。道路をわたりきったら暗くなっていた。ふしぎよねえ。時間のそくど。銀行街のまえにはもう屋台がでていた。

« お弘法さん参り | トップページ | 岸本マチ子の詩「祈り」 »

コメント

夕方の暖かな色、妙に懐かしくほんわかした写真だなぁ・・・
六つ門にあんなに大きな木があったっけ?
ロータリーかなあ?

などと思いながら夕べから眺めていました。

himenoさんが車を止めたという駐車場の建物が私の職場でした。夕方退社時、井筒やデパート側に渡って西鉄駅へ向かいました。
銀行の建物は昔はクラシックな重厚な建物でしたが今は近代的なものに建て変わっていますか?

>ただこれが現実だとおもうだけ。

同感です。

どひゃ。
さくらさんってふくぎんだったん。うっわーなんてこったい。
私的なことながら、高校時代いっつも金魚のふんみたいにくっついてたともだちがそこをやっとさいきんやめ増した。独身で課長だったし、余りの給料の高さに身のほそる思いをしてたらしい。(←かってな想像)こないだの同窓会で再会し、俳句にさそった。はいってくれた。さくらさんもしましょう。なんでんいいけんよんでみてくらさい。くるめなつかしの句やらどうすか。あ。ごはんつくらな。なんばしょうかな。

追伸:
たぶん昔のビルではないとおもいます。福銀のよこが西銀、その横が筑銀、その横がキムラヤ。くるめは金融関連のビルがすべてといっていいほど明治通りにありますね。
夕飯は、かぼちゃのクリームシチューとさばの塩焼き、大根おろし・かぼす添えをつくりました。南瓜入りで作るクリームシチューは色が黄色できたないけど、あじはおいしかった。月のせいですずしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 満月までもうちょっと:

« お弘法さん参り | トップページ | 岸本マチ子の詩「祈り」 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31