無料ブログはココログ

« お彼岸 | トップページ | お弘法さん参り »

2007年9月24日 (月)

とうろう人形

 ふるさとの人形浄瑠璃はづかしき

 松の実をかぢりつつ見し燈籠人形

 三味の音の高まりもうぢき早代はり

 石垣にしやがみてゑのころ草を抜く

 貫嵐の俳句へたつぴと思ふわれもへたつぴ

 ふるさとのまつりはづかし人にはいはじ

 あれなにも句になつてないおわわとお茶にごすなるがあはれ

 

松の実: 夜店でよく売られていた。きょう初めて検索をしてみた。写真入りのサイトを発見。さる企業のものでありますが、よくわかります。

http://www.vesta.dti.ne.jp/~sunnuts/matsunomi.html

中国の人たちは一つ一つ手で殻をはずしていたのですね。何も知らなかった我が身がはずかしいです。

« お彼岸 | トップページ | お弘法さん参り »

コメント

まあまあ。
そんなに卑屈にならずとも。
あののんきさがいいのですよ。
あれが、すごい!技の連発や。
すばらしき囃子の流れるようだったら。
あの神社で行われる意味はありませぬ。
八女なればこそなのですよ~~~~。
ただ、境内はぎんなんがぼとぼとぼとぼとぼと・・・と。

銀杏落ちて燈籠人形ここで舞う

うっわー
ありがてえ ごしょうかい。
銀杏の木があったんだ。
すごい臭気だったんとちがう。
もうながいことみにいってません。
いかなきゃと逆に奮起された。
いとこが三味線ひいてるし。
宣伝をせねばとおもうんですが、なんとなくこっぱずかしい。でも、うれしかった。
ほんとになーんもなかっちゃんね。

今年はハゼ負けがまだ直らず行けなかったけど、灯篭人形、私は毎年行ってるよ。
息子が3歳から5歳まで後見役として、羽織袴姿で、舞台の脇に座ってから、身近に感じてる。
お勧めは最後の夜の舞台。二階のお囃子の戸も、一階の幕も開け放ち、全て見れる。圧巻です。

たからさんごめんね。いちじくをもっておみまいにいこうとおもいよったばって、今とにかく暇がなかっちゃん。
そう毎年かーすごいな。そういえばよしくんがはおりはかまで座ってたよね。すごく名誉なことだったんだよね、あれは。うーん。そうだったのか、最後の夜は大開放するんだ。来年は、たちきのひとたちでもさそいますか。そのまえにまずは八女句会。笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とうろう人形:

» おじさん燈籠人形を観る(お宝つき) [おじさん(Age.51)日記By宙虫]
昨日、八女福島の燈籠人形を観に出かけた。 詳しいことはここで↓勉強してくれたらうれしい。 http://www.yamekankou.com/toku_tourouningyo.html 何度か八女には足を運んだが。 閑散としていた福島の町並み。 今日は、まつりの中日ということで出店もたくさん出ていて。 人通りもごった返していた。 なんだか、今までのイメージと違うね。 妻とふたりで話す。 いつものように、てくてくと歩く福島の町並み。... [続きを読む]

« お彼岸 | トップページ | お弘法さん参り »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31