無料ブログはココログ

« 百韻 『ほととぎす』 | トップページ | 立秋の頃 »

2007年8月11日 (土)

わが無明

わが無明

       姫野 恭子

迎へ団子こねてる昼の暑さかな

盆まぢか東国原芋を買ふ

萩青し財布の中のコンドーム

くそばばあおにばばそして青田かな

わが無明イチヂク畠で泣いてけり

参照) 無明とは・・http://homepage2.nifty.com/y-ookubo/sub19.html
   『ミケランジェロの無明』 鈴木助次郎 ちょ

« 百韻 『ほととぎす』 | トップページ | 立秋の頃 »

コメント

どなたさまか、こちらへおいでいただいたようで、ありがとさんにござんす。
わが書いた俳句におどろく齢かな。
ところで、泣いてけり。のけりですが、こんなけりの付け方、ゆるされるのだろうか?ぶんぽうがわっからんとですたい。杉浦教授にきいてみよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わが無明:

« 百韻 『ほととぎす』 | トップページ | 立秋の頃 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31