無料ブログはココログ

« 俗のほそみち(7) | トップページ | 張形としての俳句  2 »

2007年7月14日 (土)

山笠に、こんな台風の夜に

夫。

長法被を着て、雪駄を履いて、祭装束一式を風呂敷に包み、夜八時、まだ台風のかぜも収まらぬ中を、一路博多へ。

いかないのかとおもっていた。だって今朝は六時起きでもうすでに、中州川端の蕎麦屋さんに蕎麦を買いにいき、それをお得意さまに届けてまわる仕事をすませていたから。

そうだった。
あすは追い山だった。・・・徹夜だろうな。単身赴任中もずっと山笠には参加しているとは聞いてたけど、長く別居していたから、忘れていました。

« 俗のほそみち(7) | トップページ | 張形としての俳句  2 »

コメント

九州男児の定義はわからないけど、ご主人の人物像がこれで少しつかめてきたぞ。

その99パーセントはプライドでできています。笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山笠に、こんな台風の夜に:

« 俗のほそみち(7) | トップページ | 張形としての俳句  2 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31