無料ブログはココログ

« 子ツバメ | トップページ | 俗のほそみち(4) »

2007年7月 9日 (月)

灰桜

 灰桜てふ色ありぬ風の盆   秦 夕美

灰桜。うっすらと桃色ががった灰色なのだろうか。
すこし胸がいたくなるような、せつない美意識。
さきほどまでここに慥かにあったのに、いまはないものへのいたいほどの憧憬。
この句はなにもそんなことは言ってはいない。が、そんな想いをせつせつと感受する、かそけき気配の句である。

« 子ツバメ | トップページ | 俗のほそみち(4) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 灰桜:

« 子ツバメ | トップページ | 俗のほそみち(4) »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31