無料ブログはココログ

« 九段下 | トップページ | ほととぎす »

2007年7月 2日 (月)

連句みち  その1

東京へ行き、前田圭衛子先生のおともで二つの連句会を土日とはしごしてきました。ひさしぶりでした。先生と座で連句を巻くのも、おともをするのも。

先生はやはり、空前絶後の前田圭衛子であり、前人未到の前田圭衛子でありました。先生に出会っていなければ、私は今の私ではありえなかったとおもいます。人からどんなに思われても、私自身であることに耐えられる自分でいられるのは、この前田先生のおかげです。先生だけがこんな横着なわたしを認めて下さったし、大切に育ててくださいました。まことに有難いことでした。

連句作品の読み方も巻き方も、人との付き合い方もすべて、先生が教えてくださいました。もっとも、私は相変わらずおべんちゃらもおあいそもいえず、ひとのいやがることばかりいうヤな奴のままなんですが(これはですねえ・・分る人には分ると思うんです。あいてを測っているというかなあ。あいてのはらのおおきさを)、それすらも先生は面白がって許してくださいました。恭子さん、なんでもあなたの好きなことを好きなように書いていいんでっせ・・と言って。

そのことばにどんなに励まされてきたことだろう。俳句みちはいばらだらけのつらいみちでありますが、連句みちは、多義的で、なんでもありの楽しいみちでありました。

上手は下手の手本
下手は上手の手本

の世界が連句の世界でありました。
照らしあうのです。互いが互いを。そこでは、なんでも存在できます。私のようなきらわれっこもいじめっこもです。

« 九段下 | トップページ | ほととぎす »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 連句みち  その1:

« 九段下 | トップページ | ほととぎす »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31